気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

芸能

山田邦子の芸人NO.1決定戦キャンセルは批判される事ではない!

投稿日:

山田邦子が突然、芸人NO.1決定戦THEW出演をキャンセルした理由

日本テレビの『芸人NO.1決定戦THEW』に出演予定だったタレントの山田邦子が、個人的な事情で急遽、キャンセルした。

その一報直後に、いったい何があったのかと、様々な憶測が飛ぶ中、山田邦子が自身のブログで、出演をキャンセルした理由を語った。

その内容を掻い摘んで説明すると、

・出演(出場)するのにスポンサーが付いているにも関わらず、2000円の料金を徴収されるシステムに不信。

・司会者や審査員には、しっかりギャラが発生している事にも違和感。

・プロのお笑い芸人だけの番組ではなく、素人も参加している。

・当初、他の芸人出演者の予定は未定で、自分だけはちゃっかり番宣用に発表されていた。

などの点から、当初、山田邦子が描いていた番組構成とはギャップが生じたようだ。

また、それによりモチベーションが持てなくなり、今回のために温めていたネタは、また別の場所で披露する事も触れており、最後まで残念さを滲ませてもいた。

キャセンルについての世間の声は?

さて、今回のキャセンルは、バラエティ界においてビッグネームなだけに、波紋を呼んだ。

いくつかの声をまとめると、

プロである以上は、一度出演するときめた仕事はしっかりこなすべきであると言う声や、番組側からの説明をちゃんと把握していなかった可能性から、山田邦子サイドにもミスはあるのではという意見も。

また、女芸人のナンバー1を決めると銘打ちながら、素人や研究生クラスと同じ舞台に立つのは、長いキャリアを持つ山田邦子からすれば、プライドが傷ついたのではと言う声もある。

中には、山田邦子と言えど、今の若い視聴者にはその存在を知らない人も多くいて、出場するよりも、審査員のほうが妥当で、逆に若い出演者に気を遣わせる羽目にもなる。ともすれば、今回のキャンセルは、他の出演者にとっても、結果手には良かったのではともある。

山田邦子の決断は驕りではなくプライドがさせたこと

山田邦子の全盛期をテレビで楽しませてもらってきた世代の私からすれば、今回の一件は、とても複雑な気持ちでもある。

若い方には馴染みがなくとも、まだ女芸人がいまのように活躍の場を与えられない時代に、テレビで一時代を築いた山田邦子の偉大さは今も変わらない。

それだけに、若手と同じ舞台に立ち、勝負する気概は、キャンセルをした今でも素晴らしいと思う。

また、出場者から一律2000円を徴収し、司会者や審査員だけにギャラが発生する事に正面から言及できるのも、山田邦子だからこそとも思った。

基本的には、山田邦子のとった行動は支持でき、これが驕りや我侭のように取られ、バッシングを受ける事になったら、気の毒で仕方ない。

テレビ局や大手事務所の言いなりで行われる番組など見たくないというのは、みんな一緒のはずだ。

まして、女芸人の一番を決めると銘打つのなら、尚更だ。

誰よりもプロ根性が強いからこそ、プライドが下した決断だと思う。

ただ、こんな事がなければ、本気の山田邦子を見てみたかったなぁ。

-芸能

Copyright© 今日もよろしく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.