気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

気になるニュース

私立博多高校の生徒には厳罰を、クラスメイトには猛省を促すのが教育的指導だ

投稿日:2017年10月3日 更新日:

福岡市東区の私立博多高校で起こった講師暴行事件に世間も驚愕

福岡市東区の私立博多高校で起こった、生徒による講師暴行事件。

生徒が無抵抗の講師に暴行を働くという事実だけでも許し難いのだが、その様子を教室内の生徒が誰一人として注意するわけでもなく、逆に囃し立てる様子は、世間により大きなショックを与える事となった。

暴行の様子を収めた動画がネットに出回ると同時に、各メディアもこぞってこの事件を取り扱う事に。

すでに暴行を働いた男子生徒は傷害容疑で逮捕されているが、楽しげな様子で暴行する姿に末恐ろしさを感じる人も多かった。

保護者会からも厳しい声が噴出

事件発覚後に行われた保護者会でも、傷害事件で逮捕された生徒の退学は当然、講師が暴行を受け続ける様子を面白がっていたクラスの生徒にも同様の処分を下すべきだという厳しい意見が同じ保護者の口から出た。

事件を知った世間からこうした声が上がるのは珍しくないが、現在、自分の子供が通っている学校の保護者から、ここまで厳しい声が聞こえるのは稀とも言える。

それだけに、同じ年を持つ子供の親からも目も余る行為であり、異様な光景であったことが窺い知れる。

実際、私は問題の起こった学校とは無関係だが、事件を起こした生徒やその両親が、処分を下されるのを待つこと自体が図々しく思う。

これだけの事をしでかし、まじめに学校に通う生徒にも迷惑をかけたのだから、自主退学を選ぶのが筋だ。

 

生徒は日ごろより素行も悪く、学校側もそれを把握していたようなので、要注意の人物ではあったのだろう。

それでも、今回のような事件を起こしたと言うことは、日ごろの指導が怠られていた事がわかる。

ある情報番組が得たのには、暴行を働いた生徒は、いわゆる屈強な教師の前では、大人しく、優しそうな温和な先生には高圧的な態度を見せていたと言う所に、粗暴な面と狡賢い顔を見ることが出来る。

学校による動画放送の自粛要請に違和感

お昼の情報番組バイキングで、傷害事件の場となった学校が、メディアに対し、暴行の様子を撮った動画の放送を自粛してほしいという要請があることを明かした。

これに関しては、スタジオ内でも賛否がわかれ、動画を流すことを自粛すべきだと言う声が優勢を占めた。

だが、メインMCの坂上忍は、悪質極まりない生徒の行為を未成年だからと看過できないという主張で、これには私も同感だった。

出演者の一人が、将来ある若者の未来を守る義務があるという事を言っていたが、ここで甘い処分で済ますことが、どうしようもない大人へと成長させるかもしれないという危惧も直視しなければいけない。

また、これも坂上忍が言及していたが、いまや動画は一般人でも簡単に扱えるツールであり、そうした環境が当然の中で育っている事で、問題ある行動を起こせば、それが動画として流出するリスクがあることは、問題を起こした生徒も百も承知のはずだ。

何より、今回の傷害事件の現場で、動画を撮っている様子は当事者の男子生徒も分かっていた。

それでも、大人を力で屈服する光景をクラスメイトに見せることで、幼稚な自尊心を満たすという行為を続けた所に、しっかりとした反省を求める必要性を感じる。

前途ある若者の将来うんぬんは、贖罪をしてからのことで、犯した罪を有耶無耶にすることは、その若者に過ちさえ認めさせない愚行でしかない。

そして、暴行を働く様子を楽しんでいたクラスメイトにも、心のケア以前に、猛省を促すことを優先すべきだ。

守られるべきも、心配をされるべきも、それは被害を受けた講師一人であり、あとは加害者であることを忘れてはならない。

この方もまだ23歳と言う若者であることを忘れてはならない。

救いようのない馬鹿な若者には、まず心からの反省と謝罪を求める。

更生や将来は、それが終わってからのはずだ。

 

追記

加害者生徒は10月3日付けで自主退学したとの事。

-気になるニュース

Copyright© 今日もよろしく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.