気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

芸能

視聴率を気にする芸能人はメンタルが弱いだけ

投稿日:

視聴率が悪ければ主演の責任は可愛そう

主演ドラマにプライベート問題と、最近、くだり調子を見せる女優の真木よう子について、バイキングが取り上げた。

その中で、司会の坂上忍が、ドラマが始まる前には、出たくもないバラエティ番組や情報番組に番宣目的で出演させて、視聴率が悪ければ、主演が悪い、予定より早くドラマを打ち切るなど、主演ドラマが不発に終わった真木よう子へ同情を寄せた。

それに対して、同番組に出演していた、梅沢富美男は、そうした厳しい事情は自身も体験もしたとの上で、それが芸能界であると、真っ向から坂上の意見をぶった切った。

視聴率に文句がある芸能人の言い分が聞くに堪えない

これには関して一視聴者の立場から言わせてもらえば、坂上忍の言葉は、同業者に対する同情は理解できるが、主演を張るという事は、作品の顔であり、どのような結果であれ、そうした責任を担う立場にあると考えている。

もちろん、ドラマは主演だけでなく、多くのキャストがいて成り立つものであるし、役者以外でも、脚本家や演出家など、作品を作っていく上で重要性を占める立場の人たちがいる事も分かっている。

それでも、ドラマにせよ映画にせよ、作品の顔となるのは主演を張る役者であるはずだ。

実際、ドラマがヒットすれば、主演を張った役者が一番に賞賛を受け、評価も受ける。

そうした役者は、視聴率男。大人気女優などと持て囃されている。

良い結果は素直に受け取るが、悪い結果は認めたくない、可愛そうでは、あまりに身勝手な気がする。

たまに数字(視聴率)を悪者のように非難する芸能人を見るが、視聴者が番組を見ることを前提に莫大なお金(広告費)を出しているスポンサーがいて成り立っている商売だという事を分かっているのかと思う。

それほど視聴率が憎いというのなら、テレビを離れ、自主ライブや舞台をすればよいのではとさえ考える。

いまの芸能人は昔に比べてメンタルが弱くなっている?

そもそもが、視聴率や、不調が原因で番組やドラマが打ち切りになる事は、今に始まったわけではない。

では、なぜ最近は、こうした問題が表面化しているのかと考えてみると、SNSなどの発達により、テレビ関係者が、そうした内訳をペラペラと喋ったり、芸能人自身も愚痴や瞬間的な感情までもネットに発信することが増えた事が一因だと考える。

昔の芸能界は、良くも悪くも、一般社会と隔離された別世界で、テレビ界もそうだった。

しかし、ネット社会となった事で、簡単に誰でも情報を発信、キャッチできるようになり、これまで知る事のできなかった事を知りえる事が出来るようになった。

と同時に、芸能界の裏事情まで知る事になり、芸能人に対する一種の特別感や信仰も薄れた。

その為、芸能人といえど、不道徳な行動や配慮の欠けた言動を取れば、容赦なく叩かれる。

視聴率が良かろうが、悪かろうが、一般視聴者には関係なくとも、テレビをメインにしている芸能人にとっては死活問題。

それを可愛そうだという坂上の気持ちをも分からなくもないが、一般社会でも営業のノルマを競わされるなんて事は珍しくない。

そうした話を聞くと、やはり梅沢とはいろいろな意味で役者が違うとも思うし、視聴率に怯える事を、あっさり口に出来る、今の芸能人はメンタルが弱くなっているのかもしれない。

-芸能

Copyright© 今日もよろしく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.