気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

ドラクエ10 趣味

サブキャラを育てるならバージョン4の今だ!

投稿日:

サブキャラクター育成が想像以上に面白い!

メインのみでやっている時には、サブキャラ育成をしている人を見て、何が面白いのか分からなかった。

しかし、いざ育ててみると、

なるほど、これは面白い!

と思うようになった。

まず、何が面白いのかと言えば、種族、性別が違うキャラというだけで、これほど新鮮味があるのかと思った。

特にメインがドワ男という事もあってか、ウェディ娘がいちいち可愛く感じる。

まだ、レベル、特訓ともに上げている最中なので、まだ余裕がないのだが、間違いなく今後、ドレアには気合を入れてしまいそうだ(苦笑)

これまで課金ドレアはしたことは無いのだが、もしかしたらついに手を出してしまうかもしれないと、今からちょっと心配しているほどだ。

サブの方がストーリーをじっくりと楽しめる

メインの頃は、初のMMOという事もあり、色々と手探りで遊んでいた事もあってか、じっくりと物語を追うことが出来ていない部分があった。

しかし、サブキャラでは、流石に少しは慣れてきたこともあり、心に余裕を持ってプレイすることが出来る。

そのため基本、同じ物語を踏襲しているのだが、じっくりと堪能することができている。

そして、その中には、忘れていた話や設定もあり、そにれ再び触れることで、メインキャラで遊ぶときに、一層の没入感を与えてくれるというメリットもありそうだ。

メインを育てた頃に比べて圧倒的に恵まれている環境

現在(4.1バージョン)と自分がドラクエ10を始めた頃に比べて、キャラ育成が圧倒的に楽な環境となっていることを日々実感している。

まず、エンゼルスライム帽の効果(取得経験値3倍)がレベル80まで適用されているのは、かなり助かる。

特に、ドラクエ10は職業が多いだけに、経験値取得の緩和は、サブキャラ育成においてのハードルにも関わっているので、これはとてもうれしい配慮だ。

まぁ、運営サイドは新規に対しての対応なのだろうが、それはそのままサブキャラを育てている人にも適用されるので、やはり感謝すべき所だろう。

白宝箱システムがデカい!

サブキャラを育てていて、経験値システムの恩恵も大きかったのだが、もっと大きな恩恵を受けていると実感しているのが、白宝箱システム(装備品ドロップ)

メインキャラを育成している段階では、実装さえされていないシステムだったので、装備品は、基本、バザー品を購入するしかなかった。

これ自体は現在でも主流であるし、それに不満もない。

ただ、サブキャラクターにメイン程の完璧な装備を求めていない場合には、このバザーシステムがかなりの負担となる。

はっきりと言えば、金銭的圧迫を強いられる。

しかし、白宝箱システムの実装により、1ゴールドも使わず装備を整えることが出来る。

野良やエンドコンテンツに行く場合には、強制ではないにしても、マナー的な意味合いや、失敗品や耐性度外視では他のプレイヤーに迷惑もかけてしまうが、一人ストーリーを追うぐらいであれば、セット装備効果を得られるだけでも十分だ。

ドラクエ10では、装備品以外で、アクセを揃えるにもお金が掛かるので、むしろ使うなら暫くはそちらに使いたいのが本音である。

そうした苦しい事情も相まって、装備品をモンスターから入手できる白宝箱システムは、サブキャラクター育成で最も大きいアシストとなっている。

メインキャラをサポで雇えるのは新鮮であり役立つ!

サブキャラ育成において、序盤特に大きな力となってくれたのが、これまで育ててきたメインキャラを雇えるという事だ。

メインキャラは、一応、レベル、特訓カンストで、装備も耐性盛りという状態。

普通であれば、自分のレベルから3つまで高いサポしか雇えないが、自分のキャラはフレンド扱いとなるので、その制限を受けることなく雇える。

このおかげで、物語進行からレベル上げまで、かなり加速度を増した。

レベル100のサポが一人いるだけでここまで違うのかと、自らのキャラながら、メインのドワ男に手を合わせたくなった。

あまりのゴリ押しにより、物語の根幹を担うボスまでも一蹴してしまった時には、妙な罪悪感さえ感じてしまったが、まぁ、そこは2周目プレイのようなものだからと折り合いをつけた。

まだまだ

様々な恩恵や助けを受け、現在、バージョン3にまでたどり着くことが出来た。

ここまで来ると、この先の事を考えて、アクセや装備にも少しずつだが、最低限の物を揃えていきたいとも考えている。

進行速度だけはメインを上回るが、ほかに視線を移すと、まだまだな点も多くみられる。

しかし、それでもメインキャラを育てた時の経験が様々な所で活きることもあり、その度に、それだけドラクエ10を遊んできたのだなと感慨深くもなる。

目指すべき地点はまだまだ遠いが、メインでは遊べなかった楽しみなども模索しながら、じっくりとサブキャラ育成を続けていこうと思う。

-ドラクエ10, 趣味

Copyright© 今日もよろしく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.