気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

ご飯のお供 購入レビュー

伊藤ハムの旨包ボリュームリッチハンバーグをレビュー!

投稿日:

夏バテに勝つためボリューム満点のハンバーグを購入!

ハンバーグは家で作るもののが一番おいしいと自負しているのだが、如何せん、猛暑を通り越した酷暑続きにより、ミンチ料理は色々な意味で敬遠。

しかし、ハンバーグがどうしても食べたくなる時がある。

そんな時に近所のスーパーで見つけたのが、伊藤ハムさんより発売されている『旨包ボリュームリッチハンバーグ

久しぶりのハンバーグと言う事情の上に、胃袋を直撃する反則級のパッケージにやられてしまった。

短いながらも、極厚でジューシーという、ハンバーグ好きには十分なセールスコピーだった。

ともかく最近のチルドハンバーグのレベルは下手な外食チェーン店より美味しいので、それなりに安心感を覚えられるのも購入動機となった。

チルドハンバーグの底力を見た!

パッケージから取り出し、真空パック状態の写真がこちら。

写真ではわ伝えがたいのだが、流石は200gオーバーのハンバーグだけあり、ちょっと手に取るだけで、ズシリとした重量感があった。

このヘビーな物体が、今から胃袋に収まるのかと考えただけでよだれが出てきそうになった。

温め方は、電子レンジと湯煎の2種類。

お手軽さや時短を考えれば電子レンジなのだが、我が家では時間があれば、じっくりと温められる湯煎を選ぶことが多い。

特に根拠はないのだが、湯煎の方が仕上がりが柔らかい気がする(あくまで個人的な体感ですよ)

で、完成がこちら。

流石はボリュームを謳うだけあり、お皿一杯に収まるサイズだった。

あと、解凍前には分からなかったが、デミグラスソースが想像以上にたっぷりと入っていた。

個人的にはハンバーグソースは上品な量より、ハンバーグを見失うほど掛かっている方が好みなので、とてもマッチした気分だった。

さて、肝心の味はと言えば、流石は伊藤ハムと言ったところか。まずとても肉肉しい味わいが特徴的だった。

旨包と商品名につけるだけあり、下手な味付けに頼るのではなく、肉の旨味を素直に味わってほしいというコンセプトが伝わってきた。

ただ、腹が膨れるだけのおデブちゃん御用達ハンバーグなのではなく、ハンバーグ好きを満足させるために作られたことがわかる逸品であった。

厚み、旨味ともに、チルドハンバーグの水準を遥かに上回る出来と味だった。

成人男性でも満足できるボリューム感もやはりポイントが高く、あついひがまだつくづ暑い日々がまだ続くと言われているので、暫くハンバーグは旨包に頼るかな。

 

-ご飯のお供, 購入レビュー

Copyright© 今日もよろしく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.