気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

気になるニュース 芸能

イッテQねつ造疑惑に岡村の素っ頓狂発言!それが事態の背景を語っている

投稿日:

岡村隆史の擁護発言がおバカすぎる!

イッテQのやらせ疑惑問題に、岡村隆史が自身のラジオ番組で擁護する発言を繰り返し行った。

その中でも、極めつけとなったのが、

『あんまりこういうの、ほじくらん方が夢あってええんちゃうかなぁと思うけどなぁ』

もはや、やらせを正当化、認める発言と受け取れる。

その他にも、こんな事で、番組が放送されなくなったら楽しみにしている子供が悲しい思いをするなどとのたまう始末。

純粋な気持ちで見ている子供に対し、嘘で塗り固められた番組を見せる方が罪深いとは思わないのだろうか?

また、真相を追求しない方が夢があるという発言も、あまりに時代錯誤である。

こんな真似を当たり前としたら、テレビというメディア全体の信用問題にも影響する。

バラエティなら多少の演出は許されるべきだとは思うが、何から何まで嘘というのは、演出の範疇を逸脱している。

痛いところを突かれたときの弁明が、夢がなくなりますよとは、あまりに陳腐すぎる。

日本テレビの無責任対応にラオス政府も動き出す始末!

何より、海外であるラオスにまで迷惑を掛けてしまったことが許されない。

どの国でも祭りの発祥には、その国の歴史や伝統が深く関わっている。その祭事をよそから来た人間が勝手に作り出してよいものではない。

もしこれが、逆の場合でも日本テレビや岡村隆史は、

バラエティ番組なんだから、そんな事で目くじら立てるなよ』とでも言うのだろうか?

ラオスからすれば、もはや、やらせなどという軽い業界用語で済ませる問題ではなく、許されないねつ造と報じられても仕方ない件だと思う。

最近、やたらとお笑い芸人連中が、テレビの顔といわんばかりに出ているが、今回、岡村の視野の狭い発言しかり、少なからずお笑い芸人連中の傲慢さが感じられる。

また、番組の責任を司る日本テレビは、この一件が両国の信頼関係に影響する前に、厳正なる処分、判断を下してほしい。

たかが、それも、ねつ造まがいの真似をしなければ成り立たないような、情けない番組のためだけに、日本が貶められるようなことはあってはならない。

これを機会に、芸人のバカ騒ぎ中心な番組作りにもテコ入れしてほしいものだ。

-気になるニュース, 芸能

Copyright© 今日もよろしく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.