気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

PS4 趣味

ファークライ4をクリアして感じたことを素直に語ろう!

投稿日:2018年11月12日 更新日:

これぞファークライという狂った安定感!

ファークライシリーズを遊ぶのは今作で2作目となる。

初めて遊んだのはPS3版のファークライ3。

それまで洋ゲーにはそれほど惹かれなかった私が、ドップリとその魅力を教えてくれた思い出深いゲームだ。

初めて触れたファークライの世界は、とにかく広大で美しく、全てが少し狂っていた(笑)

そこが遊ぶ人を選んでしまう部分でもあるが、受け入れることが出来た時には、堪らない至福の時間を提供してくれる。

そうしたファークライとの日々が思い出として記憶に刻まれたこともあり、PS4本体を購入するにあたり、記念すべき最初のソフトとして選んだのも、私にとっては自然な流れである。

あと、この記事を書くにあたり、既にクリアし、今はゆっくりと2週目を楽しんでいる事も記述しておく。

オープニングから思わず唸ってしまうグラフィックの素晴らしさ!

オープニングに登場するお猿さんから、美麗グラフィックの凄みが伝わってきた。

このお猿さんが、また唸るほどの動きやしぐさを披露してくれる。

ファークライは物語よりも、こうした動物を含めて、活き活きとした世界を肌感覚で楽しめるゲームだと思う。

もちろん、本筋と言える物語も存在するが、今作に限って言えば、その点は前作の方が楽しめたかな。

今作は物語性が前作よりも薄く感じたが、その分だけオープンワールドや世界観を自分の思うがままに楽しめた気もする。やはりファークライシリーズは自由度が一番の魅力である。

常識や良識では図れない、魅力あふれる濃い面々!

主人公を物語の中心人物に仕立て上げた張本人のパガン・ミン。

彼をはじめとした、どこか常軌を逸した人物たちも、ファークライシリーズの魅力の一つ。

物語を彩る人物は、皆が曲者で、それでいてどこか憎めない一面を持つ。

共に戦いに身を投じる仲間も、それぞれ同じ組織に属しながらも、相反する思想を抱いている。

物語を進める中で、仲間から求められる究極の選択。

文字に起こすと、とても重々しくも感じるが、ファークライでは勧善懲悪という世界観はない。

その為、選択の場においても、堅苦しい正義や倫理観だけに囚われることなく、思うがままに選ぶことが許される奔放さがある。

この点が、物語上で白黒はっきりさせたい人には、馴染めない部分となっているところは否めない。

ただ、そうした混沌とした世界や人々だからこそ、こちらも自由に立ち振る舞える。その事を考えれば、ファークライは今後もそうあってほしいと願う。

狂気の世界を生き抜く為に必要なのは、善悪を超えた覚悟!

世界に息づく人や動物の一挙手一投足が、まるで筋書きのない演劇のよう魅力を作り出している。

もちろん、彼らにとっては、生死を掛けた必死な生き様。

故に、弾が付き、牙や爪が折れ、最後には命の灯が消える事も…

こんなことが日常茶飯事で起こっている世界を生きていくには、うまく狂気と付き合っていく覚悟は必要。

倒した動物から、皮を剥ぎ、解体し肉を得る。

ファークライでは、クラフト作業には欠かせない材料なので、こうした殺生も術として求められる。

動物愛護の精神が強い人には、かなり厳しいかもしれない。

ただ、あくまでゲームでの出来事なので、ここでの残酷性と現実を同一視することが自体、ナンセンス。

様々な武器や乗り物を駆使しながら、戦士へと変貌する楽しみ!

前作に比べても、数多くの武器が用意されている。

ゲーム開始時には、殆どの武器がロックされている状態で、ゲーム進行と共に解除していく。

当然、解除条件が難しく設定されている物ほど、強武器となっている(中にはう~んな物があるが)

ファークライシリーズお馴染みである乗り物も多数登場する。

操作も直感的なものになっているので直ぐに慣れることが出来るのも嬉しい。

マップで目的地を指定すれば、自動運転できる機能があり、広大なマップの行動による負担を減らしてくれている。

前作でもあったヘリも健在。

車やボートと違い、道中、敵に襲われる確率が少なく、自由に空中散歩を楽しむことが出来る。

美しく狂った世界を上空から眺めるだけでも楽しい。

このシリーズの楽しみといえば、基地攻略をはじめとしたミッション!

ファークライの醍醐味と言えば、やはり基地攻略。

敵に支配されている人々を解放するという目的を忘れるほど夢中になれる(笑)

敵兵に気取られることなく暗殺するスタイルや、ランボーさながらの正面突破。または肉を使い猛獣をおびき寄せての攻略などなど。

自分だけの戦略、アプローチを楽しむことが出来る。

サブクエも豊富で、人質解放などミスの許されない緊張感あふれるミッションもある。

狂気と凶器と狂喜が入り乱れる世界へようこそ!

物語の入り方としては、王国による圧政からの解放という、レジスタンス的な生き方がテーマとされている。

しかし、物語を進めていけば、世界に溢れる狂気という魅力が囁いてくれる。

思うがままに生きろ

と。

現実の日常では許されない生き方も、ファークライでは許される。

自由という言葉よりも、奔放さという言葉が似合うこの世界の魅力に触れたら、二度と抜け出せない面白さがある。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ユービーアイ・ザ・ベスト ファークライ4 PS4版
価格:3868円(税込、送料無料) (2018/11/12時点)

 

楽天で購入

 

 

-PS4, 趣味
-

Copyright© 今日もよろしく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.