気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

調味料 購入レビュー

ポールスタア なすの油みそのたれをレビュー!

投稿日:

手軽にナスのみそ炒めが楽しめるたれを購入!

ナスを炒めるときに、このたれを絡めるだけで、なすの甘味噌炒めができるという。

まぁ、そういう調味用たれは数多くあるのだが、ちょっと聞いたことのないメーカーの上に、どんな仕上がりになるのか興味を持ったのが購入動機となった。

野菜の味噌炒めといえば、中華の回鍋肉がすぐに思い浮かび、ついでに大好物なので、味噌炒めなら大抵食べられるはずである。

なすを炒めてからめるだけで、昔懐かしい味が食卓に並びます。

【原材料】水あめ、味噌、砂糖、発酵調味料、しょうゆ、でん粉、ごま、しょうが、酵母エキス、(原材料の一部に小麦、大豆、ごまを含む)

用意する材料はたった2つだけ

商品の指定通りに、ナスとピーマンを用意。

前述の回鍋肉に比べても用意する材料は少ない。特にお肉を必要としない点は、ヘルシー派にはうれしい限りだろう。

おっさん的にはちょいと寂しい限りだが、商品説明でも書かれているように、お肉との相性も良く、お好みで入れればよいとの事だろう。

まぁ、今回はなすとピーマンのみで作っていくとしよう。

それではフライパンで炒めていこう!

まずは、ピーマンに比べて火が通りにくいナスから炒めていく。

少しナスがしんなりし始めてきたらピーマンを投入し一緒に炒めていく。

ナス、ピーマン共に火がとってきたのを確認できたら、いよいよ本日の主役である『なすの油みそのたれを』投入。

たれが全体的に絡まれば完成である。

ナスとピーマンの甘味噌炒めを食べた感想!

何だろう、昔ながらという表現がぴったしな甘味噌炒めの味である。

では、それが平凡なのかと言われれば、そうではなく、昭和のおっさんからすれば、その素朴な味にしっくりくるのだ。

回鍋肉にはピリ辛的な部分もあるが、このたれは甘い味噌による仕上がりになるので、辛いものが苦手な子供も喜びそうな味となりそう。

少ない材料と簡単な調理で、ご飯が進む一品が簡単に作れるのも評価したい。

ハンバーグの隠し味としても使ってみた!

我が家ではハンバーグを作るときには、合わせみそを使っているのだが、せっかくなので、この甘味噌を使ってみることにした。

1袋丸まる入れてまぜ、ハンバーグのタネが完成。

出来上がりがこちら。

食べてみて、これまで使っていた合わせみそ同様に、コクと味噌の風味が味わえ、いつも通り味わうことができた。

1袋の量もちょうどよく、いろいろな用途で使えそうな甘味噌である。

-調味料, 購入レビュー

Copyright© 今日もよろしく , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.