気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

ドラクエ10 趣味

やる事が多いドラクエ10でサブキャラクターを作った理由と感想

投稿日:

大変だけど楽しいサブキャラクター育成!

メインキャラの育成が一通り済み、ぼんやりと白宝箱巡りを行うことが多かった。

そんなアストルティア生活にやや刺激が欲しいと思い、ついに手を出してしまった。

そう、サブキャラクター育成に!

これまで、1度としてサブキャラクターを育てようなどと思わなかった。

というのも、ずっとドラクエ10を遊んでいる人にとっては、やることがないと言われているが、1から遊ぶとなると、そんなことは全くない。

むしろ、どこから手を付けてよいのかと悩むほどだ。

実際、サブキャラクターを作り、物語を始めてみると、懐かしい雰囲気と共に、レベル上げ、装備を揃えるなど、すべてを最初から行うのは、ちょっと気が遠くなるものを感じた。

ただ、それでも当時、私が始めたころよりも、かなり遊びやすく、育てやすい環境となっていることも実感。

また、メインとは違い、あくまでサブキャラという位置づけなので、ある程度、肩の力を抜きながら遊べるというのは、ゲームを遊ぶ上で思いのほか大事なのだという事も気が付けた。

メインは多くの職で遊べるように、装備も耐性から揃え、結構なお金を使ってきた。

しかし、サブはそこまで求めていないし、今は白宝箱という画期的な改革が行われたことで、お金を使わず装備を整えることが出来る(その分、時間は奪われるが)

サブキャラクター育成で見えてくること

ドラクエ10が最前線コンテンツを遊ばなくても、十分に楽しめるゲームであることを再認識しただけでも十分に価値がある。

どこまでを最前線というかはプレイヤー間でも意見が分かれるところではあるだろうが、少なくとも、最前線を目指すとなると、どうしてもストイックにならざるえない部分が出てくる。

それはそれで、やりごたえや、達成感をもたらしてくれる部分でもあるので、決して否定的な要素でもない。

ただ、今回サブキャラクターを作り、育成していることで、そうした最前線コンテンツを遊ぶことに伴うストレスの解消や、気分転換が図れるというのは、長く遊ぶMMORPGには欠かせないのかもしれないと思った。

サブキャラクターは女の子にしました

最初にドラクエ10を遊ぶとなった時には、自分が男という事もあり、異性つまり、女性のキャラで遊ぶという選択肢はなかった(決して硬派を気取っている訳ではない)

しかし、今回、サブキャラクターを作るにあたり、もういちど男のキャラを作るという選択肢がなかった。

その理由は、街中をはじめ、サポで借りることもある他のプレイヤーさんが育てられた女の子キャラが、どれも惜しみないほど愛情が注がれている事を目のあたりにしたからだ。

ドワ男がメインの私からすれば、何か眩しく、あこがれを持つ存在にさえ見えた。

そんな思いもあり、私もサブでは可愛い女の子を育ててみたいという気持ちを持つようになったのだ。

なんだか、最後は、若干自分でも気持ち悪い告白をしてしまったが、操作する性別が違うだけで、ここまで操作する気持ちも違うのかと驚きを隠せずにいる。

メイン程、力を入れずに育てるつもりだが、別の意味で、愛着を持ってプレイしていこうとは思う。

-ドラクエ10, 趣味

Copyright© 今日もよろしく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.