気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

冷凍食品 購入レビュー

マルハニチロうなぎみたいな白身魚天ぷら蒲焼だれをレビュー!

投稿日:

うなぎの代用品になりそうな冷凍食品を発見!

稚魚の不漁による問題などからも、値段の高騰がとどまることを知らないうなぎ。

のっぴきならない事情が孕んでいる事から、国内うなぎに限らず、うなぎ自体がおいそれと食卓に上る事も少なくない。

そうした中、近所のスーパーで何とも魅力的な冷凍食品を発見。

白身魚とすりみを天ぷらにし特製の蒲焼だれをかけ、まるでうなぎのようなふんわりした食感と見た目に仕上げました。いかすみ入りのすりみ部分はうなぎの皮に見立てました。

上記のメーカーによる商品説明を見ても、安易な感じは一切なく、うなぎを食べたくても食べられない人へ、どうにかうなぎを感じさせる蒲焼を提供したいという熱い思いが伝わってくる。

うなぎの再現度が凄い!

袋から取り出してみると、たっぷりとかば焼きのたれが掛かった茶色い物体が。

冷凍されていることもあり、この時点では、正直うなぎ感はあまりしない。

しかし…

解凍してみると、外見だけでも、随分とうなぎの蒲焼感がするではないか!

解凍されたことで、蒲焼のタレの香りが解き放たれ、嗅覚にうなぎの蒲焼を想起させる。

折角なので、うな丼にして食べてみた。

表面にはしっかりと山椒もまぶされ、細部にわたるまで、うなぎを演出してくれる。

どうです?

身の細部までうなぎを思わせるクオリティとなっている。

身の柔らかさも、歯ではなく歯茎でも簡単に食べられるほどで、ふんわりとした食感も再現されていたていた。

調理方法を焼くではなく、天ぷらにしたことで、白身魚の食感をウナギに近づけた点は本当に素晴しい。

風味も蒲焼の香ばしさをバッチリ再現しており、よくスーパーで売られている、さんまや豚肉での蒲焼よりもはるかにうなぎを感じさせてくれた。

それだけに完成度の高さから惜しいと思ったことは、タレの味わいが、同社の以下の天ぷらと同じ味で、ちょっと甘味が強すぎるところかな。

まぁ、それも些細なことで、国産ウナギの価格の10分の1近い価格で、これだけ美味しい蒲焼を食べられる点は、厳しい現状の中で救世主とさえ言える。

所詮、うなぎの偽物だろうと覚めた人にこそ、一度はご賞味いただきたい。

それほど、よくできた蒲焼だと思います。

 

-冷凍食品, 購入レビュー

Copyright© 今日もよろしく , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.