気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

ドラクエ10 趣味

新職業の遊び人が使えない職業の可能性大!その理由と不安要素となる背景

投稿日:

新職業が遊び人であることが判明!

先日、バージョン4・3にて実装される新職業が遊び人であることが発表された。

これまで、ゴッドハンドを筆頭に様々な職業が予想されていたが、蓋を開ければ、それを裏切る様な結果となった。

これを良い意味で裏切られたと捉える人もいるのだろうが、個人的には、嫌な意味で裏切られた印象。

ドラゴンクエスト3を発売時に楽しんだ世代なので、遊び人自体は馴染みのある職業ではある。

しかも、当時を含めて何度と遊んだが、遊び人をメインに遊んだ記憶はなく、トリッキーな立ち位置で、あまり好みではなかった。

詳細は今後、発表されていくのだろうが、これまでの遊び人による戦闘スタイルを振り返れば、かなり運任せな要素が強く、プレイヤーにとっては癖の強い職業となりそうだ。

癖の強い職業はオンゲー向きではない?

仮に、運を左右するような職業であれば、他プレイヤーと協力すること前提のオンラインゲームでは、あまり相性の良い職業とならないかもしれない。

共闘するという中では、自然と準備や立ち回りを求められることもあり、戦闘中では出来うる限りミスをなくし、安定した展開を作り出していく事を目指すことが多い。

しかし、運要素満載という場合、自分たちに有利な展開を作り出していくうえで、不安要素ともなりかねなく、野良などで敬遠されるきらいとなりそうな気もする。

実際に、邪神などのコンテンツでは職業指定がされているにもかかわらず、特定の職業が嫌われる傾向がある。

それは、討伐時間を少しでも短縮したいという人たちの声なき意見が作り出したものだ。

効率重視をする人がいる中で、お遊び的な要素を受け入れられる寛容さが今のドラクエ10にどれぐらいあるのかと言う話にもなる。

私は、遊び人を快く受け入れられるかもしほど、今のドラクエ10は寛容でもなければ、活躍できる場もないと考えている。

それは、プレイヤーの心のゆとりと言う問題だけでなく、現状における戦闘バランスの悪さが、お遊び要素を加えた職業がパーティーの席に座ることを許さない点がある。

ワンパン即死ゲーが当たり前になりつつある現状では、爆発力のあるアタッカーと、優秀な蘇生役しか席がない。

次にあるのは、ボスにもよるが様々な補助が出来る魔戦といったところか。

遊び人はソロプレイやフレンドと遊ぶとき専用になるかも

様々な人が参加するオンラインゲームで自己を貫き通すことは、一種の迷惑行為ともなり、強敵と戦う中で不利を招く原因ともなる。

ゲームはお遊びであることは間違いないが、だからと言っておふざけは許されない。

遊び人がもつ魅力が、運絡みの強いものとなれば、それは戦闘における安定や効率を求める人たちから嫌われるものとなる。

そうなれば、新職業の遊び人は、ソロプレイやわがままが許されるフレンドと組むときなど、限定的な遊び方になってしまう場合がある。

同じバージョン4での新職業として追加された天地雷鳴士は、幻魔(主にカカロン)というギミックが受け、初心者にも優しい職業として定着している。

だが、遊び人は一転、野良から敬遠されたり、縛りプレイなどを好む上級者向け職業となる可能性が高い。

ともかく、新たなアタッカーやヒーラー。または天地とは違った新要素を含んだ職業ではと期待していただけに、遊び人という職業名を聞いただけで拒否反応が出ても許してほしい。

一縷の望みは、続報にて明かされる正体。

パッシブの養分と化すだけの悲しい結末だけは避けてほしいものだ。

-ドラクエ10, 趣味

Copyright© 今日もよろしく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.