気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

ドラクエ10 趣味

くちぶえ修正に見る運営のバランス感覚とまもの使いの不遇

投稿日:

遊び人が唯一光るくちぶえを下方修正

専用スキルや特性がお粗末すぎて、早くも最前線において席がないと嘆かれている遊び人。

そんな状況の中で、唯一きらりと光っていたのは、圧倒的スピードでモンスターを呼び寄せるスキル『くちぶえ

これまでモンスターを呼び寄せることが出来たのは、まもの使いのエモノ呼びのみだった。

しかし、以前よりエモノ呼びにかかる時間には多くのユーザーが不満を抱き、運営に改善を求めていた。

そんな中で、まもの使いのお株を奪うかのように、遊び人に同効果のくちぶえを実装。しかもそのスピードたるや瞬間芸ともいえるレベル。

極めつけは、同種のモンスターしか呼べないエモノ呼びと違い、ランダムながらメタル系(メタルキング含む)を呼び寄せることが出来るのだから、まもの使いの面目丸つぶれもいいところだ。

当然、元気玉と料理込みによるレベル上げは、遊び人の独占市場となる。

そんな状況に、何を危惧したのか運営がサイレント修正を実施。

以下が、運営が公式で行った説明である

 【ディレクターコメント】
以前「エモノ呼び」の発動までの時間を短くしてほしいという要望をいただきましたが、1つのフィールドに存在するモンスターが増えすぎると、管理できるキャラクタ数の上限につきあたってしまう懸念があったため、採用できませんでした。
バージョン4になって技術的な進歩もあり、「くちぶえ」は詠唱時間を短くすることを実現できたのですが、時間を短くしすぎてしまったことや、メタルの追加ポップなどもあり、少々やりすぎてしまいました。

申し訳ありませんが、ワンテンポ遅くさせてください。時間にして0.3~0.4秒ぐらいなので、比較としないとわかりづらい範囲ですが、微妙に遅くなったと感じると思います。

また、「くちぶえ」の修正と同時に、「エモノ呼び」の発動までの時間も短縮し、「くちぶえ」と同じ時間に合わせます。

冒険者のみなさんが、『遊び人』で楽しくあそんでいただいている真っ最中に、修正するのは私も申し訳ない気持ちでいっぱいです。大変申し訳ありません。

呼び出し時間だけでは埋まらない差

エモノ呼びの時間短縮は技術的な理由で難しかったという理由で、それが技術の進歩により解消することができた。

しかし、その恩恵を真っ先に受けたのは、以前より改善を求められていたまもの使いではなく、新職業の遊び人。

そして、あまりに運要素が強く、早くも酷評の嵐にさらされていた所に、くちぶえの有能さが知れ渡り、ようやく名誉回復の兆しが見え始めた頃。

やりすぎちゃった。テヘッ

と、下方修正。

ただ、それだけじゃあ、批判必死と思ったのか、もっと早くに修正できたのではというタイミングでまもの使いを改善。

これで帳尻合わせになると踏んだのなら、運営も随分とユーザーを軽く見たものだ。

そもそも、モンスターを呼び寄せる時間が短い点は、誰もが評価していたのだ。そこを下方修正する判断自体が間違っている。

そして、これでまもの使いも使いやすくなるよという考えが、またおかしい。

実際、修正後のくちぶえを使ってみたが、体感的に少し遅くなったかという程度で、レベル上げを行う上では、それほど影響はなかった。

だが、まもの使いがこれで遊び人に奪われたポジションを取り戻せるのかと言えば、そう簡単ではない。

いくらスピードが上がっても同じモンスターしか呼べないのでは、メリットがない。

遊び人が、メタルキングやはぐれメタルを呼び寄せることが出来るくちぶえは、レベル上げで大きなメリットをもたらす。

どうせ修正するなら、エモノ呼びにも同じ効果を付与すればよかった。またメタル系には劣るが、ゴールド系(ゴールドマンやゴルスラ)をランダムで呼ぶことが出来るなど、棲み分けできるものが欲しかった。

実質、ただの下方修正に、その批判をかわすために利用されたまもの使いが哀れで仕方ない。

現状、強敵と戦うという場面では、圧倒的にまもの使いが勝る。しかし、だからと言って、モンスターを呼ぶという大きな個性を奪った挙句、この扱いは酷すぎると感じるのは私だけだろうか?

-ドラクエ10, 趣味

Copyright© 今日もよろしく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.