気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

ご飯のお供 購入レビュー

富士甚醤油プルコギのタレを使って料理レビュー!

投稿日:

家で簡単にプルコギが作れるタレを購入!

近所のスーパーで購入したプルコギのたれ。

いまや日本でもよく見かけるようになったプルコギ。

韓国料理の一つで、牛肉や野菜を甘いタレで炒めたり、煮る調理方法から、韓国風のすき焼きとも呼ばれているようだ。

商品の特徴を見てみると、にんにくやコチュジャンをきかせた味になっているのだろうか?

材料をご紹介!

牛バラ肉薄切りを用意。

あまり厚みのない肉を使用するのが本場のプルコギとのこと。

ただ、個人の好みで、それぞれアレンジをしてみるのもアリ。ちょっとネット検索をしただけでも、牛肉ではなく豚肉でプルコギを作っていた人も多くいた。

この辺りは、各自、こだわりや趣向に従えばよい。

私は、以前よりテレビなどで見るたびに食べてみたいと思っていたので、出来る限り本場に近い牛肉を使用。

今回、用意した野菜はこちら。

にんじん、ピーマン、玉ねぎ。どれも簡単に揃えられる野菜ばかりとなっている。

本場では、春雨なども入れて食感をアップしたりするようだ。

牛煮を仕込みます!

適当なビニール袋に先ほどの牛肉を入れます。

後は、今回の主役であるプルコギのタレを漬け込みダレとして入れます。

あまり量を入れすぎると濃い目に仕上がってしまうのでご注意。

適量のタレを入れた後は、冷蔵庫で寝かせるだけ。

最低でも30分。次の日に食べる場合は一昼夜。

当然であるが、寝かせる時間が長いほど味の染み付き具合は深まる。

調理開始!

熱したフライパンでまず野菜を炒めていく。

プルコギ料理は肉だけでなく、野菜も薄切りにしておくため、それほど加熱時間は長くない。

野菜にある程度の火が通ってきたのを確認できれば、プルコギのたれに漬け込んでいた牛肉を投入する。

ちなみに、味付けは牛肉に染み付いているタレだけ。炒めている間に野菜にもタレが絡まるので心配はない。

どうしても不安な場合や、味を好みに近づけたときは、途中、味見してプルコギのたれを追加してもOK。

出来上がりがこちら。

野菜にもタレが絡まっている事が確認できるのではないだろうか。

お皿に盛る前に、最後の仕上げで風味付けのごま油。

これをサッと振るのと、振らないのとでは、出来上がりが全く違うので、嫌いな方以外はぜひごま油を入れて欲しい。

プルコギのたれを使って作った自家製プルコギを食べた感想!

アクセントと見栄えを考慮しごまを振ってみた。

 

うん、商品説明にもあったように、にんにくとコチュジャンをきかせた味付けで、程よいピリ辛さがある。

しかし、適量さえ間違えなければ、子供でも安心して食べられる甘辛さにまとまっている印象。

味付けはプルコギのたれだけであるが、野菜にもしかっりとタレの味が伝わっていた。

本場のプルコギは未体験なので、比較はできないが、日本にある炒め物とはまた違った味わいが楽しめた。

薄いか濃いかと聞かれれば、間違いなく濃い目のタレなので、ご飯のお供は当然、お酒のあてにも向いていると思う。

材料費や調理に掛かる時間なども、負担は少なく、お手軽に食べられる点も評価したい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料 とさげい流 かんたん プルコギ 500g牛肉【ポイント20倍】
価格:3218円(税込、送料無料) (2018/9/1時点)

 

-ご飯のお供, 購入レビュー

Copyright© 今日もよろしく , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.