気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

菓子パン・調理パン 購入レビュー

神戸屋とキリンビールのコラボ、ビーフシチューパンをレビュー!

投稿日:

キリンのビール酵母を使用したビーフシチューパンを購入!

2018年11月に創業100周年を迎える神戸屋。

そのお祝いとして、ビールメーカーのキリンビールとコラボを企画。

そこで登場したのがこちら、

ビール酵母を入れた旨みのあるビーフシチューをソフトなフランスパン生地で包み、粉チーズをトッピングしました。

吹きすさぶ不況の嵐のなかで、100周年企画とは実に素晴らしい!

ただ、神戸屋を代表する菓子パンは他にもあっただろうに、それほど馴染みの薄いビーフシチューパンと言うのはちょっと疑問が残る。

まぁ、今回コラボするキリンビールと商品化を探る中で見つけたビール酵母を活かせるのが、ビーフシチューパンだったと言う事かな?

菓子パンだけでなく、惣菜パンも好きなオッサンとしては美味しければ問題ない。

せっかくのお祝い商品で、ちょっとアレルギー物質が多いのは残念である。

パッケージ裏には、ビールの起源に関わるとされている人物・ガンブリヌスの解説も。

中世ヨーロッパでビールの醸造を考え出した偉人。またはホップを使うことを教えた賢者として崇められていた人物。

ビール酵母を使って作られたビーフシチューパンを食べた感想!

まず、こちらが温める前のビーフシチューパン。

何だろう、やや長方形のフランスパンで、真ん中に切り込みのよう穴が開いている。そして生地表面にこんがりと焼かれた粉チーズが確認。

個人的感想は、ちょっとぶき…いやいや、個性的な見た目である。

一番大事なのは、味である、うん。

中はこんな感じとなっている。

ビーフシチューのフィリングということで、具材は一切ない。その為、食感はソフト系のフランスパンのみと言っても過言ではない。

何だろう、一言でいえば、中身のない固まったビーフシチューのルーをパンに挟んで食べている感じ。

正直、ビール酵母の存在なんて味覚でつたわる訳もなく、フィリングも普通のビーフシチュー味では、あまりにインパクトも薄い。

これなら、他メーカーのカレーパンの方がはるかにボリュームもあり、美味しい。

100周年を祝って、大手メーカー同士のコラボというには、あまりに地味で、最後まで何故、ビーフシチューパンという疑問だけが深まった。

 

-菓子パン・調理パン, 購入レビュー

Copyright© 今日もよろしく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.