気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

PS2 趣味

【ドラゴンクエスト8 プレイリポート19】暗黒神ラプソーン復活!

投稿日:

女神像の崩壊から悪しき気配が…

ラプソーンに意識を奪われてしまうマルチェロ。

どうやら、一度は失敗したが、ずっと機を狙っていたようだ。

そして、皮肉にもラプソーンの口から、マルチェロによる法皇殺しの真相が語られる。

ラプソーンの復活に共鳴するように女神像が崩壊。

そして、そこに封印されていたラプソーンの実体が解かれ始め、不気味な光を放つ。

それに共鳴するかのように、天変地異が起こり、一部を残しゴルドは崩壊。

海上より大陸ごと浮かび上がっていく。

光は、薄気味の悪い、赤と黒が入り混じったような色で、凄まじいスピードをもって、上空を覆っていく。

ラプソーンの復活に世界中が慄く

異変は、あっという間に世界を包み込む。

その異変に気づき、冷静に見極めようとする者。

事態の深刻さを知り、祈りを捧げる者の姿などが描かれ、世界が闇に侵食されている様子が、ひしひしと伝わってくる。

浮遊する大陸は、その後、速度を上げてどこかへ向かっていた。

主人公たちも、突然の天変地異を前には、何もできなかった。

ククールとマルチェロの思いが交差する

暗黒神ラプソーンの復活を阻止することはできず、事態は最悪の方向に舵が切られた。

その状況を作り出した張本人マルチェロは、すべてを失い自暴自棄となっていた。

そんな中で、マルチェロの手を取ったのは、幼き頃より憎しみをぶつけられてきた異母弟のククールだった。

マルチェロが、救いの手を振り払うも、ククールは、再びその腕をつかみ、思いの丈をぶつけ、生き続けることを訴える。

言葉こそ、ぶっきらぼうで、厳しいものだが、そこには間違いなく、たった一人の肉親を思う気持ちが込められていた。

大人の勝手な都合で、憎しみを抱かざるえなかったマルチェロと、幼きときに向けられた優しい姿を忘れられないククール。

どちらも、血のつながった者同士だからこそ、忘れることが出来ない感情や思いなのだろう。

最後に、マルチェロが聖騎士団の指輪をククールに渡した場面は、言葉にできない気持ちを託したようにも見えた。

憎しみを抱き続けてきた末に過ちを犯したマルチェロ。

その背中を静かに見送るククール。

今作、屈指の名場面の一つだった。

-PS2, 趣味
-,

Copyright© 今日もよろしく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.