気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

PS4 趣味

ザ・ロストチャイルドをプレイした感想【名作への試金石となるか】

投稿日:

ポップなRPGとは一線を画す武骨さ

主人公である伊吹隼人(いぶきはやと)は、どの角度から見ても超イケメンで、とても記者とは思えないほど目立った服装。

ヒロインのルアも超美少女の容姿に加えて、魔法使いのような服装をした天使という少しまとまりのないデザイン。

キャラクターデザインに好みはあれど、そのイケメンと美少女の二人が中心人物であり、ゲーム内では固定パーティーとして操作していく。

ついつい二人の派手な出で立ちにポップ系の作品かなと思ってしまうが、ゲーム内容は昔ながらのダンジョンRPGとなっている。

物語や登場人物も神話体系をベースにしたものになっており、そうした類の話が好きな人ならすんなりと入っていけるが、興味が全くない人からすれば、ただただグロテスクな容姿をした化け物や、キザの一言に尽きる大天使などによる会話劇が中心で物語が進むのでいまいち入り込めないかもしれない。

これほど普通の人間が一人も登場しない作品も珍しく、いっけん普通の人間に見える主人公でさえ選民という特別な存在。さらに家族構成や友人関係などが一切語られず、ただ突然に選民としての使命を押し付けられる。

物語全体の描き方もかなり大雑把で、主人公に感情移入できるような部分を端折り過ぎている感が否めない。

主人公の意思表示はゲーム中での選択肢のみで、それも性格を窺い知れるものではない。そのため都合上ヒロインの がとてもお喋りになってしまい、どちらが主役かわからなくなる場合も。

故に本作を遊ぶ上で物語や会話劇を期待する人はプレイすることを見送られたほうが賢明である。

地味ならがらも強い中毒性がある

冒頭より辛辣ともいえる感想を述べたが、本作がゲームとしてつまらないとは一言も口にしていない。

前述で触れたように、感動的な物語や、魅力的な登場人物たちによる群像劇などは皆無だ。

しかしダンジョンRPGを前にそうしたものは不要で、ただただ迷宮に潜り、用意された仕掛けを解除し、有名な神や悪魔を仲間に加えながら敵を倒してキャラクターを成長させることに最大の喜びを感じるという人にはおおいに応えてくれる内容だ。

やや極端な形に振っているゲーム設計なので万人受けとはいかないが、一部の愛好者からすれば中毒性の高さを持っている。

ダンジョンRPG好きな人に向けられた内容

本作では神や悪魔などの種族が登場しそれらはアストラルと称されている。

アストラルは大まかに3つの属性に分かれ、ゲームに登場するほとんどのアストラルを仲間にすることが可能となっている。

仲間にする方法や条件もシンプルで、会話での説得やレベル制限のようなものも設けておらず、主人公の特別な力により討伐すれば捕獲できるというシンプルな仕様となっている。

そのため序盤より上限となっている5人パーティーを組むことができて、その後も好みの編成を組むことができる。

たいていのゲームなら序盤での仲間は後半使いづらくなってくるのだが、本作では成長要素が幾つも用意されており、愛情さえかければ最後まで主戦力として戦うことができる。

成長要素では主人公やヒロインも同じで、レベルアップした時に得られる経験値を好みのステータスに振ることができたり、入手した装備品を延々と鍛えることができるシステムなどもあるので、コツコツとキャラクターを育てたいという人にはやめ時を失う面白さがある。

装備品にしても基本、敵がドロップするものから入手し、落とす装備品が持つ付与効果はランダムとなっているのでハクスラ要素が非常に強く、お宝を目当てに何度も同じダンジョンに潜ってしまう。

やや物語における演出や人物描写の部分において削ぎ落し気味な点はあるが、ダンジョンRPGとしてはとてもブラッシュアップされており、遊び要素もそれなりにあるので、プレイ時間はあっという間に数十時間が過ぎてしまった。

クリアまで遊んで思ったこと

エンディングまで遊んでみた印象では、ダンジョンRPGという古典のジャンルを遊びやすくブラッシュアップした作品という感じ。

一度でもそのジャンルを遊んだ人なら、これまで痒いところに手が届かなかったと感じた部分を解消してくれているので、これは便利だと思わず感心する所が幾つもあった。

その反面、没入感あるストーリーや、派手な演出、耳に残るような音楽などは皆無となっており、素っ気なくさえ感じるだろう。

では、どんな人が向いているゲームなのかといえば、

延々と同じダンジョンに潜り戦闘を繰り返し、主人公やお気に入りのアストラルを育成したり、気に入る装備品が出るまで漁り続けるといったプレイスタイルの人には、結構な時間泥棒となる中毒性を持っている。

このゲームの主人公自体が神に選ばれし【選民】と呼ばれているように、このゲーム自体も人を選ぶ性質を持っている(それも色濃く)

本作を遊ぶ上でどうしてもこのジャンルの金字塔的作品である【女神転生シリーズ】と比べてしまう所がある。

実際にその影響を強く受けている面も窺え、メガテンが好きな人なら、それだけで触る価値はある。

ただ、メガテン特有の選択肢に付きまとう緊張感や秀逸なキャラクターデザインなどと比べても、本作は一本道の物語で登場人物のキャラが立っているともいえないし、デザインも凡庸なので比較しながらのプレイはお勧めできない。

最後に、いろいろと厳しいことも書いたが、本作が一作目と考えれば意欲溢れる内容とも受け入れられ、久しく離れていたダンジョンRPGを最後まで楽しくプレイすることもできた。

もし次回作が出るなら、ぜひとも遊んでみたいと思う。

-PS4, 趣味
-,

Copyright© 今日もよろしく , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.