気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

PS4 趣味

キングダムニューランズを遊んだ感想【単純であり奥深い作品】

投稿日:

物語の主人公(操作キャラクター)である王(王女)となり、自らの馬で大地を駆け、王国を築き、冒険を通じて領土を拡大しながら守り抜く。『Kingdom: New Lands』はシンプルなルールですが、多くの発見や出会いに満ち溢れています。王として、苦しい戦いに終止符を打つべく勇敢に立ち向かいましょう。

領内にはさまざまな秘密が散りばめられています。不思議な像や通りの人びとや道中のアイテムすべてがあなたの王国の礎となるでしょう。多くに気づき、多くを守ることで脅威となる全てから王国を守り抜くのです。

アイスランドのLicoriceとオランダのNoioという才能豊かなクリエイターの共同開発による当タイトルは「遊ぶことは簡単、でもマスターすることは容易ではない」というテーマのもとミニマルなRPGの再定義として世に送り出されました。

レトロゲームなグラフィックに騙されてはいけない

レトロゲーム調の単純な横スクロールアクションゲームとも見えるのだが、実はれっきとしたシミュレーションゲーム。しかもいま流行りのタワーディフェンス要素まで盛り込まれているのだ。

シミュレーションゲームと聞けば、何だか複雑なシステムや専門用語の羅列という印象を抱く方もいらっしゃるだろうが、本作ではそうした敷居を極限に低くした設計となっている。

操作する主人公である王様(王女)がすることは、用意されたいくつかの手段でお金を稼ぎ、それを資金に国を発展させることのみと言ってよい。

舞台となる島(国)で求められるのは経営手腕であり、剣を手にして敵兵をなぎ倒すという爽快感あるアクションは皆無。

だが、島には人を見れば襲ってくる怪物たちが存在する。

主人公は自らは戦うことは出来ないが、代わりに戦ってくれる兵士を雇うことができる。そのほか砦を築いたり、兵器を作るなどの対抗手段で侵略してくる怪物たちを撃退しなければならない。

この辺りが実にシンプルな操作でスムーズに行うことが可能で、タワーディフェンス初心者の私でも入りやすさを感じた。

国を発展させる仕組みもお金を稼ぎ投資すれば、あとは自動的に行ってくれる。

ここまで読むと、なんだか簡単すぎてすぐに飽きてしまいそうなゲームと思われた方もいたのではないでしょうか?

ところがこのゲーム、そう簡単ではなかった…

ゲームの魅力を伝えるうえでの説明不足!

本作はスタート時に、中央地点に拠点を築きながら左右にはさまれる形で怪物たちからの侵略をうけるという展開が流れとなっている。

これがリアルタイム形式で行われ、領土拡大を行いながら怪物たちからの侵略阻止も求められる。そして最後は作った船で島を脱出し次なるステージへと向かうというのが大まかな内容である。

前述でも触れたように、それらはシンプルな操作で行える仕様となっているのだが、問題はゲーム開始時よりほぼチュートリアルが省かれている事だ。

これにより折角のシンプルで感覚的に遊べる作りが、とても難解なものとなっており、プレイヤーを突き放した印象を持たせる。

ゲームを進行するうえで大きな力となるオブジェクトや移動を手伝ってくれる動物への説明も一切なく、まさに手探り状態のままプレイさせられることは不親切極まりないと言ってよいだろう。

結局、ネットにて攻略サイトを参考にさせてもらい、そこで初めて基本的な情報を知ることが出来た。

もし、ネット環境がない状態であれば、最後には投げ出していただろう(そもそもダウンロード専用ソフトだが)

そして、一通りの情報と知識を得て再プレイすると、格段にゲームの難易度が下がることを実感した。

元よりシンプルな作りなので、正しい知識と情報を得ていれば、少しプレイに慣れるとそれほど難しく感じることがなくなるのだ。

この辺りに、もしかしたら制作サイドが意図して難易度を調整するために必要な説明を省いたのでは勘繰りたくもなるところがあった。

癖はあるもののハマれば時間泥棒なゲーム

海外ゲームにありがちとはいえ、説明不足が過ぎる点は間違いなく遊ぶ側に理不尽さを感じさせマイナスといえる。

しかし、プレイ前に自分で必要な情報や知識を得てプレイすれば、本来もっているシンプルであり、奥深い魅力が顔を覗かせ、気が付けば時間泥棒なゲームへと変身を遂げてくれる。

舞台となる島は全部で6つ用意されており、決して大ボリュームという訳ではないが、領土拡大と侵略阻止がセットになっているディフェンスタワー要素が緊張感とほどよい攻略難易度をもたしており、一つの島をクリアするのに数時間かかる。

そのほかアンロック要素もあったりと、やりこみ部分もあるのでハマればたっぷりと楽しめるゲームとなっている。

最後に、今更であるがストーリーはないに等しく、当然、エンディングにも期待しないように。

-PS4, 趣味

Copyright© 今日もよろしく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.