気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

PS4 趣味

デイズゴーンのクリア後の評価と感想【最高峰のゾンビ映画を楽しめる!】

投稿日:2020年8月6日 更新日:

ゲームの中で最上級のゾンビを映画を体験できる!

決して多くのゾンビゲームをプレイし来たわけではないが、デイズゴーンほど人間ドラマが濃厚なゾンビ作品はめったに見られない。

それほどクリア後には胸に押し寄せるものがあった。

プレイヤーが操作する主人公のディーコン・セントジョンはバイカーギャングに所属していたという過去をもつ。その名残を今も色濃く残しており荒っぽい言動も目立ち、決してゾンビから人や世界を救うというような崇高な意思を持った人物ではない。

これだけの説明だとちょっとお近づきになりたくないやつに思えてしまうが、物語を進める中で、突然のパンデミックによりフリーカー(ゾンビのような存在)まみれになった世界で亡くなったとされる妻をに思い続け、苦しみを抱える姿には愛する人への一途な姿が切々と描かれ、そこにディーコンという男の根っこを見ることが出来る。

そうして少しずつディーコンを好きになっていく過程で、どんな時もそばにいてくれる相棒のブーザーの献身的な姿にまた心が打たれる。

圧倒的な絶望が押し寄せようとしている世界で、なおもそれぞれのやり方と信条で人々をまとめる3つの生存者キャンプによる人間模様もドラマスティックに描かれており、物語性に重きが置かれていることがひしひしと伝わってくる。

パンデミックにより起きた人間社会の崩壊から生まれる人の狂気と抵抗を力強く描いたストーリーがぐいぐいとプレイヤーを引き込んでくれる作りは映画のような手法でもあり、そこにフリーカーとの待ったなしの死闘も体感できる本作は、エンターテインメントとして完成度が極めて高い。

デイズゴーンを楽しむことができるかの適性をチェック!

本作はパンデミックによりフリーカーまみれの世界となったアメリカ・オレゴン州を舞台としており、豊かな自然と景色が世界観を彩ってくれている。

もちろんフリーカーにより荒廃した様子が中心となっているので平時のような光景とはいかないが、それでもなお自然の尊厳さは失われる事なく佇んでおり、目的もなくただバイクを走らせるだけで、それらを楽しむことが出来るのもデイズゴーンの楽しみ方の一つと言える。

本作ではバイクの存在が際立っており、広大なオープンワールドを移動するために必要なのは当然。道中で遭遇するかもしれないフリーカーと戦うために必要な銃弾を積むことが可能で、緊急時の補給も担ってくれている。

ディーコン以外の登場人物たちの多くもバイクを移動手段として活用しており、それによりスピード感あふれるストーリーやミッションも数多く用意されており、ゾンビだけでなくバイク好きにも訴求した作りともなっている。

それゆえだろうか、バイクのカスタマイズにもこだわりある仕様となっているだけでなく、燃料の概念が取り込まれている。

これが、序盤では驚くほど燃費が悪く、そのため知らない道を行くときには、無人のガソリンスタンドを優先的に探したり、道中で落ちていることがある燃料タンクを探すためにいちどバイクを降りて探索する必要性がある。

これを面倒ととるかサバイバル体験の一環と受け入れることが出来るかで、随分とデイズゴーンを楽しめるかという適性を図る事もできるだろう。

それほど序盤はバイクの問題だけでなくフリーカーと戦う術においてディーコンは恵まれていない。プレイ開始直後からフリーカーを発見して手当たり次第に倒すという爽快感はまず味わえない。

時には茂みに身を隠しやり過ごすという事が求められたりもする。それを苦痛ととるか人類の危機が迫っている緊迫感を追体験できると受け入れることが出来るかも適正の一つ。

ただし、それが永遠に続くわけではない。

デイズゴーンは経験値獲得による成長要素があり、経験値でスキルを習得していくことで、これまで恐怖の対象でしかなかったフリーカーも討伐の対象へと変わっていく。

もちろん、そうなるには物語を進めて強力な武器を入手することも併せて必要だが、フリーカーが巣食う世界をサバイバル精神で乗り越えられる人には、プレイを進めながら、ディーコンが様々な意味で逞しくなっていく過程が楽しめる極上の設計がなされていると断言できる。

デイズゴーンをクリアしての評価!

良かった点

・単純にゾンビを相手にドンパチするだけの作品ではなく、未曽有の危機により狂騒する人間模様が魅力的

・バイクにまたがり様々な場所を走らせることが出来る

・役立つスキルラインが充実しており成長させる楽しみがある。

・大群のフリーカーが襲ってくる体験は最高の恐怖とその迫力に圧巻させられる

・クリア後の2週目を多くの引継ぎ状態で遊ぶことが出来る。これにより序盤は逃げ回るしかなかったフリーカーの大群に一泡吹かせるプレイも可能となっている

・物語の伏線回収が見事でもやもやした気持ちが残らない

・無料アップデートのコンテンツが充実している

・ブーザーが愛おしすぎる

気になった点

・武器やアイテムを選択する操作ホイールに少し難を感じた

・多くの場面がマシンガンで殆ど切り抜けられる

・野盗のスナイパーがゴルゴ13過ぎる

・次回作を思わせるエピソード(これに関しては絶対にプレイしたいという意味)

ゾンビを相手にサバイバルゲームを楽しみたいのなら絶対に買い!

ここまでの長文駄文に目を通してくださり改めて感謝申し上げます。

なかなか100点満点のゲームというのはないものですが、ゾンビゲームやサバイバルゲームを求められている方であれば、デイズゴーンはその両方を一度に満たしてくれる作品という事だけは保証いたします(ついでにツーリングも)

-PS4, 趣味

Copyright© 今日もよろしく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.