気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

PS4 趣味

クロノスアークをクリアした感想【未完成ではなく未熟な作品】

投稿日:

魔闘術師になるべく修行を積む少年・ロカは、ある日「クロノスの欠片」を取りに洞窟へと向かう。
欠片は、過去の世界を現代へと上書きする「時返り」の儀式に必要なものだった。
ところが、欠片を奪うために突然謎の男が現れる。
ロカは、幼馴染の王女サーナと共に、時を統べる「クロノス」の力を巡る冒険に足を踏み入れることになる…。

●古きよきドット絵ゲーム
オーソドックスな2D・ターン制バトル、昔懐かしいドット絵グラフィックで楽しんでいただけるファンタジーRPG。

●ダンジョンの謎解き
ダンジョン内には様々な仕掛けが存在しています。
スイッチや箱、壺、時には敵をも利用して、仕掛けを解いていきましょう。
失敗してもボタン1つでやり直せるので安心。

●ジョブチェンジでどんどん強く
条件を満たすと、スキルや魔法を覚えたまま、ジョブチェンジをすることができます。
ステータスもある程度は引き継ぐので、チェンジするたびにどんどん強くなれるかも。
好みに合わせたキャラクター育成を楽しみましょう。

©2012-2018 KEMCO/Hit-Point

面白そうな設定だったのだが…

本作、クロノスアークは、過去のものを現在に上書きできるという、時返りの儀式とそれに必要なクロノスの欠片を巡ることから物語の幕が開けられる。

その設定から、世界に与える影響を考えるだけでも壮大なストーリーが待ち受けているのではと胸躍らせたのだが、いざ遊んでみると、その期待の半分も満たしてくれないチープな物語に呆気にとられてしまった。

時返りという、様々な可能性とそれに伴う物語をいくらでも作れそうな美味しい設定を、制作サイドがうまく活かすことが出来ず、期待を裏切られた感が強く、なんだか大風呂敷を広げられた気分となった。

人物描写がとにかく浅すぎる…

物語や設定が甘いのであれば、せめてストーリーを引っ張る主人公やヒロイン、仲間たちの冒険活劇で盛り上げてくれたら、多少のことは目を瞑ることもできたかもしれない(本作ではそれが難しかったかもしれないが)

…だが、それも叶わなかった。

本作は、主人公の少年ロカと幼馴染であり王女のサーナ。そして途中で出会うアイドル少女 3人による冒険となっている。

それぞれが生い立ちに悲劇性をもち、それが物語の設定と関わっているのだが、如何せん、人物の掘り下げが下手過ぎて、いまいち感情移入が出来ないまま話が進んでいく。

その為、3人にシリアスな話が展開されても、そこに共感も生まれなければ、心にいっさいの負荷もかからないので、鼻くそをほじりながら聞き流すような、白けたムードだけが漂うという、別の悲劇が起こる始末。

物語を盛り上げてくれる敵役にも、どうしてこんなキャスティングにしたと開発者を追求したいほど、癖が強く安っぽさを全開にしたやつらのオンパレードで、最後まで妙なムカつきだけを残してくれた。

ケムコの親切設定は一体どこへ行ったのやら…

不満と感じたのは物語や人物描写だけに留まらない。

遊んでみて、とにかくゲーム設計全体に詰めの甘さが散見しており、開発者は一度通しで遊んだのかと、これまた追求したい内容。

まず最も気になったのが、戦闘バランスが大味過ぎる。序盤より敵の攻撃力がやたらと高く設定されており、それがレベリングや装備の充実だけでは大きな変化は感じず、中盤で可能となるクラスチェンジを行う事でようやくそのストレスから徐々に解放されるという作りは、序盤で嫌気がさして投げ出す人がいるかもという想定がなされていない。

そして上位職にクラスチェンジをした頃には、最終ダンジョンに登場するモンスター群に対して、スキルをぶっ放せば一掃できてしまうなど、強弱のつけ方がRPGツクール初心者かとツッコミたくなる。

また、ユーザーへの配慮という意味では、プレイの所々でも気になる点があった。

例えば、本作はモンスター討伐数によりマナというポイントと交換できるようになっており、そのマナを消費する形でゲーム内で役立つアイテムなどを獲得できる。

そこで獲得経験値100%アップというアイテムを交換し装備したのだが、戦闘終了後に確認すると装備前から一つも増えていない。まさかバグかと不安に思いながら、数戦しながら注意深くチェックしていると、戦闘終了後には変化はなかったのだが、メニューを開いて確認できるステータス画面では、しっかりと100%分加算されている。

細かいことだが、戦闘終了後での獲得経験値にそれを反映するのがそれほど難しいことなのだろうか。

また、ダンジョン攻略中は、不意な形でボス戦に突入するパターンが殆どで、全滅したら即タイトル画面に戻される容赦ない仕様のため、階段を下りるときや、画面が切り替わる場面では、その都度セーブをしなければという強迫観念に駆られる。

そのほかでも、本作ではダンジョンにパズルゲーム的な仕掛けを随所に散りばめているのだが、それが物語のテンポと噛み合わせが悪く感じる上に、その先に用意されている宝箱の中身などが有難くもない消耗品ばかりで無駄にストレスを増やすスイッチにしかなっていなかった。

クリアまで遊んで感じたことなど

よかった点

・ドット絵のキャラクターがいきいきと動く

・ダンジョン限定だが、シンボルエンカウントに切り替わり、ちょっと新鮮な気持ちになった

・妙に耳に残る不思議系なBGM

・強くてニューゲームが楽しめる

・素材集めから武器作成および強化による一連がうまく成長要素に繋がっている

気になった点

・序盤より割とすぐに死ねる(敵の攻撃力がやたら高い)

・ゲーム内で獲得できるナノ(ポイント)がやや渋い

・ケムコ作品には珍しく全滅後はすぐにタイトル画面に戻される(やり直しやオートセーブ機能がない)

・一部のキャラクターデザインに癖がある

・ゲーム設計全体がやや雑で粗さが目立つ

・立ち絵がデカすぎる

総評

【ケムコRPGは安価で良作が多いという印象の中で、本当に同社の作品なのかと疑いたくなる内容だった。全体的に作りこみが足らず、もう少しどうにかならかったものかと残念な思いだけが残った。

-PS4, 趣味
-,

Copyright© 今日もよろしく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.