気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

PS4 趣味

フォーレジェリアを遊んだ感想【心の闇に迫った物語が紡ぐ群像劇】

投稿日:

溢れる闇…
異形化する人々…
混沌の先で、闇を斬り裂く!!

伝説の四英雄と紡ぐ、重厚な物語

◆『冒険』がそこにある
広大なフィールドを歩き回り、まだ見ぬ地を訪れよう。
深い森を抜け、雪山を越え、そして天上の世界へ!

一つの世界がここにはあります。

◆手に汗握る白熱の『戦闘』
ターン制のコマンドバトルとなり、1回の選択が重要な意味を持ちます。
通常攻撃や防御も必要となる一味違った奥深さのバトルが楽しめます。

待ち受ける「ボス」は強大ですが、一筋縄ではいかないハラハラの先にある「勝利」を掴み取りましょう。

勧善懲悪な世界観に収まらない物語

本作フォーレジェリアは、ケムコのRPGらしさを前面に出しながら、闇をテーマにした内容となっている。

負の究極として描かれる闇は、主人公たちの敵として描かれるだけのシンプルなものに留まっていないところが本作の魅力と感じた。

まず主人公のレンはやや直情的な性格ながら、その真っ直ぐさはいかにも主役らしいものを感じさせる。しかし物語はレンの大事な存在が奪われるところから幕を開ける。

レンの心に闇が芽生え、復讐を果たすための旅の中で、心優しき仲間や、神に等しい天上人たちとの出会い、そして幼いころよりずっと一緒に育ってきたヒロインなどと過ごす中で、己の中の闇と対峙する展開はシリアスであり、心を持つものならすべてが共感できるものとなっている。

また、闇と復讐を描いた作風は主人公だけでなく仲間となる人物たちの描き方にも現れており、世界を救うために集結した同志という枠には収まらないものとなっている。

プレイ中に、この人物が仲間になるのかと想像を超えた展開もあったりして、そうした部分が本作ならではのドラマティックな要素ともなっているので、是非とも体験して頂きたい。

スピーディーにして深い戦略性を持つ戦闘シーン

戦闘シーンはフロントビューによるターン制コマンドバトルで行われる。主人公たちの大立ち回りを見られないのは残念であるが、そのぶん、様々な敵がドット絵にも関わらず、滑らかなアニメーションで多彩なアクションを見せてくれるので飽きない。

戦闘システムは、先に触れたようにターン制コマンドバトルを採用。

戦闘の要となるSPはMPのかわりとなるもので、ターンを迎える度やパッシブによって増やすことが出来る仕組みで、各キャラに設定されている固有スキルを使う時に消費する。

これにより、大技を毎ターン連発してゴリ押すような展開は出来ず、SPをうまく活用しながら敵に挑む戦略性に富んだバトルが楽しめるようになっている。

この辺りは、同社の魔想のウィアートルとよく似た戦闘システムとなっており、魔想をプレイした人ならすんなり入っていくことが出来るだろう。

主人公を含めた10人のキャラ毎に設定されているスキルも個性的で戦略に組み込みやすいものとなっているので、プレイヤーの戦略に沿ってパーティー構成を楽しむ要素にも繋がっているのも好印象だった。

ツンデレお姫様に、侠客風の侍など物語を彩ってくれる仲間たちとの会話は一服の清涼剤にもなる。

クリアして思った事など

良かった点

・物語の起伏があって面白い

・20時間を超える程よいボリューム

・登場人物の個性と役割がしっかりと描かれている

・戦闘に戦略性があり、スキルやパッシブによる変化に富んだパーティー構成が楽しめる

・BGMがどれも秀逸で、特にボス戦では幾つものパターンが用意され、どれもテンションが上がるものばかりとなっている

・地上人と天上人による2つのパートで物語を体感できる

・ゲーム進行におけるブースト要素がある(課金ではあるがサクサク進みたい人にはおススメ)

気になった点

・エンカウント率がやや高い

・オート戦闘があまり賢くない

・基本的に一本道な展開で進むので、やりこみ要素は薄い

・エンディングが少しあっさりとしている

・強敵には必ずと言ってよいほど攻撃無効のシールドスキルが用意され、冗長な展開になりがち

【総評】

冒頭でも触れたように、心の闇と復讐をテーマにした作品となっており、物語の中では闇に飲まれる者や、闇に対抗すべく非人道的な研究に手を染める者などが登場し、なかなかにシリアスで重い内容も含まれている。

しかし、主人公のレンをはじめ、それに立ち向かおうとする仲間たちにより暗くなりがちな展開にならず、賑やかな会話が道中を盛り上げてくれているので、辛い気持ちを抱えながらゲームをするようなことはない。

ゲーム設計においては、ケムコRPGの中では歯応えのある方で、スキルポイントを含めパッシブなどの理解が攻略難易度に関係している。それを面倒と思うか戦略性と受け取るかで評価は分かれる。

それでも、好きなキャラ同士の組み合わせでもクリア可能となっているので、RPG初心者でも遊びやすい作品といえる。

スーパーファミコン時代のRPGが好きな人なら買いの1本としておススメ。

-PS4, 趣味
-,

Copyright© 今日もよろしく , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.