気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

PS4 趣味

アサシンクリードオリジンズをクリア【古代エジプトでも煌めく正義と復讐の刃】

投稿日:

アサシン教団の原初を描いた作品

本作では、古代エジプトを舞台にアサシン教団の前身となる物語が描かれており、シリーズをプレイしてきた者にとっては感慨深いものがあった。そして、どれだけ時代が移り変わろうと根底にあるものは変わらず、存分にシリーズの醍醐味を味わえる内容になっている。

特に、冒険できる範囲がとても広大で、前作(シンジケート)までと比較しても桁違いのボリュームとなっている。そのため多少の疲労感を覚えもするが、歴史探求の旅を体験ができるという新たな楽しみも与えてくれる。

また、お馴染みであもる歴史上の著名な人物たちの登場とそこに深く関わっていくストーリーラインも卒がなく、シリーズの強みがしっかり継承強化され、これまで以上の没入感をもって楽しめた。

近代史にはない自然豊かな世界が魅了してくれる

古代エジプトを美しいグラフィックで再現されており、その光景がどこまでも続くマップの広大さは、プレイ中にめまいを覚えるほどで、そこに用意されているクエストも多岐にわたり、それら全てを遊びつくそうとするなら、膨大なプレイ時間を必要とする。

ただ、古代エジプトという時代背景のため、現在や近未来を舞台にした作品に比べて、似たような景色や建造物ばかりと感じられる人もいるかもしれない。それは物語を進める中でもエジプト史に興味や関心、または知識を持っているかで、作品をプレイする上での熱量にも関わってくるかもしれない。

私でいえば、エジプトに関しては一般的な知識程度しか持っておらず、むしろ本作を通して学ぶことの方が多く、ゲームをしながら歴史の一端に触れることで、貴重な体験をすることができたと思っている。

その中には、当時におけるエジプトの複雑な事情や、政治と離れた人々の営みに、独自の宗教観や儀式など、かなりナイーブなところまで網羅しており、それに触れることにより、プレイ中に様々な気付きや葛藤をもつこともあった。

アサシンクリードシリーズでは、そうした細かい所まで綿密に作られている点も多くのユーザーから評価を受けている要因だと思うのだが、本作では、それがより深い所まで掘り下げられている印象を受けた。

率直に言えば、現代に比べれば原始的な時代背景がもたらす残酷なシーンや、非人道的な振る舞いも赤裸々に描かれており、常に明るい気持ちでプレイできるわけではなかった。しかし、そうした場面に遭遇するたび、アサシンの存在意義を投げかけられているようにも思え、この辺りもシリーズを重ねてきた巧妙さが窺える。

プレイしてよかった点と気になった点

・広大なエジプト地域すべてが完全シームレスでのオープンワールドとなっている。

・古代エジプトを精密な描写を通して体験できる

・簡単な操作で移動、様々なアクションが楽しめる

・ハクスラ要素やレベル上限に達した後も強化できるなど、やり込み要素がある

・衣装や一部の乗り物にクスッとできる遊び心がある

・アサシン教団の前身と誕生の物語が描かれている

・家族への愛を大切にするバエクの物語が切ない気持ちにさせてくれる

・自由に行動は出来るが、エリアごとにレベル制が採用されているので見えない制限のようなものがある

・非道なやり口で幼い子供が犠牲になるなど、心が押しつぶされそうな場面がある

・主要人物以外の顔に個性がない

・雑魚からボス戦まで、蝶のように舞い蜂のように刺す戦法が有効で、慣れてくるとやや単調に感じてくる

変わらぬ愛と別れを描いた家族の物語

主人公であるバエクは、ファラオの守護戦士を意味するメイジャと呼ばれ、周囲からも畏敬の念を抱かれている。その背景となっている部分は、単純に戦いに長けている戦士としてでなく、周囲に良い影響力を与える人格者としての評価のほうが強い。

そんな非の打ち所がないようにみえるバエクだが、物語を追うなかで彼もまた大事な息子を無残な形で奪われ、愛する妻とも離れ、心に埋められない寂しさと暗い復讐心を抱いた一人の人間であることが分かる。

広大なエジプトを旅しながら、ときに困った人には救いの手を差し伸べながら、自分から家族を奪った者たちの足跡を追い、関係者たちに復讐を果たしていく。その中で思いがけない政治情勢に巻き込まれながらも、心から会いたいと思う相手との再会なども描かれるなど、それらが見事なグラフィックと演出によりドラマティックに描かれていく。

どこまでも続く地平線を眺めながら、自身と亡き息子の魂の救済を求め彷徨うバエクからは、雄々しい戦士の面影は見当たらない。ただ子供を愛し続けるひとりの父親の姿がある。プレイ中に、そうした彼の苦しみが伝わり、その解放を願わざるを得ない気持ちにさせられる。

 

これまでの過去作を遥に凌駕するボリュームで、プレイし始めるといつ終わりを迎えるのかという気持ちにもなった。

それでも最後までプレイできたのは、やはりバエクという人間がもつ魅力とひたむきさに尽きる。そして、美しく、ときに怪しくも映った古代エジプトの舞台が織りなす物語が心を掴んで離さなかったからである。

気楽に遊べるとは絶対に言えないボリュームと内容ではあるが、作り込まれた物語と映像美はプレイしたものに何かを残してくれる作品とだけは言えるかもしれない。

追記・クリア後にシーズンパス全てを遊んでみた

本編があまりに面白かったので、ついシーズンパスも購入して遊んでみた。

これまで本作に限らず、シーズンパスを別途購入したことはなかったので他作品のものと比較はできないが、オリジンズに限っていえば、とてつもないボリュームで、物語も本編に遜色ないほど雄大なものとなっていた。

ぶっちゃけ、最初は冥界にまで行けるというのはやり過ぎな感じもしたが、そこは本編でもエジプト神話が深く関わっていたので、すぐに違和感は解消された。気が付けば、現世では見られない不思議な光景に飲み込まれていた。

遊び心満載な世界観を提供しながらも、シーズンパスの内容は本編では描き切れなかった物語が中心になっている。そこでプレイヤーはバエクの新たな人生を追うことが出来るようになっており、是非ともプレイしてもらいたい。

-PS4, 趣味
-

Copyright© 今日もよろしく , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.