気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

PS4 趣味

超獣ギガ大戦 クリア後の感想【ちょっとした隙間時間でも遊べるタワーディフェンスゲーム】

投稿日:

「超獣ギガ大戦」は、各地に設置された心を操る「変な像」を壊すため、仲間を集めて戦う、簡単操作のタワーディフェンスゲームです。
絵巻物をモチーフとしたおもしろケモノたちが繰り広げる大集団お祭りバトルと、仲間たちの育成が魅力の本ソフトを是非お楽しみください。

【超獣ギガ大戦について】

絵巻テイストの動物仲間を集めて、育てて、ノリで世界も救っちゃおう!
大集団のお祭りバトルがお気軽に楽しめる、おもしろケモノ育成&タワーディフェンスゲームです。

<簡単操作でギガバトル>

集めた仲間を選んでバトル!
出撃させる仲間をどんどん選択していくだけの簡単操作。
拠点としている月の船『月姫』を守りつつ、謎の集団『ロボウサ革命軍』が各地に設置した変な像を壊そう!

鳥獣戯画をベースにしたゆる~く遊べるタワーディフェンスゲーム

個人的に、タワーディフェンスと聞けば、刻一刻と変化する戦況でいかに適切な判断を下せるかというイメージがある。

しかし、今回の超獣ギガ大戦に限れば、ノリで何とか乗り切れる塩梅で調整されている。そう書くと、面白みに欠けるのではと誤解されてしまそうだが、いざプレイしてみると、見る見るうちに時間が融けていく。

その最大の魅力と言えば、登場するキャラクターたちだ。鳥獣戯画を思わせる正統派のキャラから、昔話の主人公たちに幻想上の生物、果ては将棋の駒に宇宙人、恐竜とツッコミどころ満載なキャラクターたちが活き活きと動く様子は、見ているだけで微笑ましくなる。

横スクロールで展開されるタワーディフェンスは、どこまでも滑稽な舞台を見ているようで、勝敗の結果に歯ぎしりをするようなこともない。用意されたステージは50以上ながら、一度の戦闘に掛かる時間は1分から2分程度と短く、ちょっとした合間や息抜き感覚でプレイできる。

ステージをクリアするたびに育成に使える資金と、戦闘で使える便利なアイテムを入手するためのギア(ガチャコインのようなもの)が入り、更に新しいキャラクターが次々とアンロックされるので、ついついもう一回とプレイしてしまう。

やりこみ部分となる育成要素もあるので、好きなキャラクターを中心にチームを編成し活躍させることもできる。ゲーム全体の難易度が高くないので、この手のゲームにありがちな、終盤になれば自ずと使えるメンバーが固定されていくということがないのも本作を語るうえで欠かせない大きな魅力。

良かった点と気になった点

・1回の戦闘場面(ゲーム)が1分程度なので凄まじくテンポが良い

・クリアするたびに使えるキャラクターがアンロックされる

・シンプルなルールで取っつきやすく、直感的にプレイして楽しむことが出来る

・鳥獣戯画本家には見られない個性豊かキャラクターは見ているだけで楽しくなる

・複数の難易度が用意されているが、ある程度育成をしていれば負けることがないので人によっては歯応えがないと感じるかもしれない

・クリア自体は10時間も必要としないので作品としてのボリュームは欠ける

見ているだけでも楽しい気持ちなる稀に見る珍作

本作は、戦術要素の高いタワーディフェンスゲームとは対極に位置する作品といえる。しかし、だからこそ気軽に遊びやすい設計ともなっている。また、このジャンルでは珍しく笑いや癒しさえ与えてくれる内容は、唯一無二ともいえる魅力を確立している。

極力、シンプルさをベースにしながら、一度プレイを始めたらやめ時を失ってしまう。そんな時間ドロボーなゲームを求めている人には是非とも、本作【超獣ギガ大戦】をお勧めしたいと思います。

スポンサーリンク

-PS4, 趣味

Copyright© 今日もよろしく , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.