気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

PS3 趣味

エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術士~ クリア後の感想【初となる2人の主人公によるアトリエ作品】

投稿日:

ここは、何度目かの黄昏を迎え、徐々に終わりの時を迎えつつある世界。
その世界に存在する、「黄昏の大地」の遥か西方にある、かつて錬金術で反映した国家が存在した地方。
そこでは、いつか訪れる「黄昏の終わり」の到来を回避するため、人々は失われた錬金術の技術の発見と再生に力を注いでいた。
再生された前時代の技術は、「中央」と呼ばれる錬金術の研究都市に結集され、進行する黄昏を阻止するための利用方法が研究されている。
主人公は、中央から配属された錬金術を研究している青年と、この辺境の小さな街に暮らしている少女の二人。

少女の名はエスカ。
人々の役に立ちたくて自前の古い錬金術の知識を使い頑張っているうちに、開発班に配属されることになった。

青年の名はロジー。
中央で最新の錬金術を学んでいた彼は、その力を役立てるために人手不足の地方の街への転属を願い、配属先の開発班でエスカと出会うことになる。

二人は協力して錬金術の力を駆使し開発班をもり立てていこうと約束する。

シリーズ初となるダブル主人公制を採用

本作は、黄昏シリーズ第2弾にして、前作となるアーシャのアトリエと世界観を共通としている。アーシャ本人こそ登場しないものの、ウィルベルやリンカ、妹のミオなどが引き続き物語に関わり、彼女たちを通し、その後を少し知ることが出来るなど、前作をプレイした人ならニンマリとできる内容ともなっている。

さて、ここからは本作ならではの魅力を語っていこう。

まず、アトリエシリーズ初となるダブル主人公制を採用し、エスカ、ロジーによる2通りの物語を楽しむことが出来る仕様となっている。ただし大筋の内容は変わらない。あくまで、それを各自の視点で描かれるものという程度で、全く違った物語が楽しめるという深みはなかった。

それでも長い間、女性主人公に固定されてきた経緯を考えれば、新しい試みとも受け取れ、初となる男性主人公による物語を楽しむことができた。

新たな試みと言えば、これまで制限があるとはいえ相当な量をもつことができた戦闘用アイテムも一新され、探索装備という枠で管理するシステムになった。最初は、制限をかけることで、戦闘におけるハードルを上げるだけの容赦ない仕様に思えたが、従来の使い切りと違い、アトリエ(拠点)に戻ればすべての使用回数が補充されるという仕組みになっており、当初の印象とはがらりと変わり、かなり便利なシステムに感じた。

もう一つ注目した新しい試みは、6人によるパーティ制となったことだ。前衛と後衛の概念が誕生したことで戦略性が向上。これにより連携プレーで大ダメージを与えることが出来るなど、爽快感あるバトルを楽しめた。

作品の肝となる調合システムも、個人的には前作よりも取っつきやすく感じた。それでいて一部の錬金アイテムは極めようとすれば、じっと画面を睨みながら試行錯誤していくという本シリーズの醍醐味も満喫できるなど極めて完成度の高いものとなっている。

良かった点と気になった点

・アーシャに登場した人物が登場。気になるその後なども少し知ることが出来る

・前作に引き続き、幻想的な世界観と音楽を満喫できる

・シリーズ初となる2人の主人公制を採用。周回プレイ必須の仕様なので、飽きさせないアクセントとなっている。

・初回プレイでも余裕をもってプレイできる期間が設けられている

・調合、採取、戦闘など、アトリエシリーズの核をなす部分が洗練され始めてプレイする人にも易しい設計となっている。

・前作の主要キャラがダウンロードコンテンツとなっている

・エスカとロジーの錬金アイテムが強力すぎて仲間のスキル(必殺技)が霞んでいる

・ダブル主人公制による独自の展開、物語が少なく、これまでの周回プレイとあまり差別化が図れていない

仲間とは違うパートナーだからこそ描ける物語

物語の内容は、アーシャ同様に悲壮感を思わせるものは少なかったように思える。エスカ、ロジーともに身の上や過去を知れば、多少と悲しみを漂わせてもおかしくないのだが、2人ともそれを持ち前の明るさやパートナーの支えで克服するなど前向きな描写が見られ、重苦しい気持ちなることはなかった。

黄昏シリーズ2作目と位置付けられるわけだが、本作からプレイしても没入感を損なうことがないよう工夫もされており、予備知識なくエスカ、ロジーの物語を満喫できるようになっているのも好感が持てた。

RPG部分もアトリエシリーズが独自の世界観とシステムを構築しているので、いまプレイしても古臭さを感じさせない。また毎度、調合や錬金の仕組みを変えるなどの試みも行われているので、シリーズをプレイしている人にもマンネリ感を与えないよう努力しているのも評価できる。

総じて、これまでのアトリエシリーズの中でも完成度の高さを感じさせる良作であった。

-PS3, 趣味

Copyright© 今日もよろしく , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.