気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

ご飯のお供 購入レビュー

うな次郎は本物のウナギに負けない美味しさ!騙されたと思って食べてほしい!

投稿日:

うなぎのそっくりさんうな次郎を購入!

ウナギの高騰がいまだ止まらない状況下。

一食分の食費予算をはるかに上回る価格となり、最早うなぎは、庶民がおいそれと口に出来るものではなくなった感がある。

我が家でも、昔なら食べたくなったら、ちょっとした贅沢気分で食べてたていたが、今や、魚売り場でウナギを前にしても、ただ見つめる事しかできない。

手にとってかごに入れるまでには、頭の中でいくつもの迷いや考えが巡り、そこまで自分を悩ませるウナギに怒りさえ覚えることもあった。

結果、たまにウナギを買って食べても、悲しいことに国内産以外の物になってしまう事も多い。

そんな憤懣やるかたない思いを抱えている時に発見したのがコレ。

ウナギのかば焼きそっくりにつくられたその名も、うな次郎

国内産のうなぎであれば、現在1尾で安くても2000円程する中で、うな次郎と言えば、私は購入したスーパーでは、200円もせずに販売されていた。

あくまで蒲鉾の一種のようなのだが、パッケージ写真を見る限り、ガッツリ脂の乗ったうなぎそのものである。

随分とうなぎを食べていなかったことも手伝ってか、または魅力的な女性を目にし、この女になら騙されてもいいという心理だったのかもしれない。

ともかく、スーパーで見かけ一目ぼれしてしまったのだ。

電子レンジでチンするだけでと言う点もうなぎそっくりである。

当然からも知れないが、うなぎよりも低カロリーだ。

それでは、さっそくチンしてみよう!

200円もしない価格で販売されているにも関わらず、ちゃんと、かば焼きのタレ山椒も付属。

めちゃくちゃ痒い所に手が届く心遣いである。

ご飯が炊けたことを確認し、いざうな次郎を電子レンジでチン!

で、出来上がったのがこちら。

どうですか、ぱっと見はうなぎじゃないですか?

うな丼にしてみた!

ホカホカのご飯の上にうな次郎を乗せ、うな丼風にしてみた。

どう?

どう見ても、うな丼じゃないですか?

写真手前のうな次郎はひっくり返しているのですが、皮部分まで丁寧に仕上げられている事が伝わってきます。

身のアップを撮った写真です。

とても魚のすり身で作った蒲鉾とは思えないクオリティ。

で、実際に食べてみたのですが、めちゃくちゃ旨いんですよ!

当然、うなぎとは違った味わいなのですが、それじゃあ、全く遠くかけ離れた食べ物なのかと問われれば、そうでもないんです。

そして、食べていると、このうな次郎が、庶民の口から遠ざかっているうなぎへの渇望をどうにかして叶えてあげたいという作り手の思いを感じるのです。

それは、見た目だけでなく、皮一つ、身のプリプリ加減とっても、安っぽい模倣食品でないことは確かである。

何より、現在高騰を続けるうなぎに対し、数百円で購入できるうな次郎は、ウナギを大好きな人間にとって、大きな慰めとなる可能性が大といえる。

それほど、うな次郎は美味しく、ウナギをリスペクトして生まれたという事が分かりました。

もし、お近くのスーパーなどで、うな次郎をお見かけになられた際には、騙されたと思って手に取ってみてください。

うな次郎の完成度と美味しさに、

サンキューうな次郎!

と心から感謝したくなるはず。

 

-ご飯のお供, 購入レビュー

Copyright© 今日もよろしく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.