気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

ドラクエ10 趣味

新たな職業の遊び人が悪質プレイヤー専用の職業になるかもしれない?

投稿日:

週刊少年ジャンプ38号で遊び人の情報が一部公開!

今週の週刊少年ジャンプにて、次のアップデートにて実装される新職業の遊び人が紹介されていた。

と言っても、これまでの情報と大差はないのだが、それでも今回、遊び人の特技が、あそぶであることが判明した。

記事とその時の様子を伝えた写真から見るに、戦闘中、あそぶを選択することでランダムにて様々な効果を発揮するようだ。

今回の記事では、遊び人がマイクを片手に歌い、それにより敵モンスターが混乱する模様を伝えていた。

また、歌とは別に遊び人が明らかにテンションが下がった様子のシーンを紹介。

そのシーンでは、敵モンスターではなくプレイヤーがショック状態に陥っており、どうもランダム効果の中には、明らかに自身が不利を被る効果がある事も明かされていた。

新職業であるはずが、見かける事が希少になりそうな予感…

まだ、全貌を明らかにしていない段階で早計なのは重々承知しているが、今回、明かされた情報だけを見ても、その職業名に相応しい遊び心を全開にしている。

しかし、これがオフラインゲームであれば、お遊びもご愛敬と許せるものの、ドラクエ10はMMOである。

ランダムと言えば少し聞こえも良いが、悪く言えば戦略性において見れば、操作するプレイヤー自身も何を行動するのか分からないとうのは、不安要素しかない。

それでも、遊び人が輝ける可能性があるとしたら、他の職業にはないほど強大な力を有している場合だ。

だが、今回の情報では、敵モンスターに混乱効果を与えるという、既存の効果に留まっている。

しかもそれが、戦闘において有利を生むほどのものなのかと言えば、それも皆無。

正直、第三者と遊ぶことを前提に考えれば、遊び人で参加するだけで冷ややかな目で見られそうだ。

実際、すでにネット界隈では、遊び人でエンドコンテンツに来る奴は晒されるのではないかとまで危惧されている。

晒しは冗談半分と信じたいが、同じバージョン4で先に追加された新職業の天地雷鳴士が一定の評価を受けている。

その比較は免れない運命がある遊び人だが、これまで公開されている情報の段階早々、閑職の空気が流れている。

もし、これまでの情報やプレイヤー間で立てられている予想通りの職業であった場合には、ソロプレイ専用の職業となる事もある。

また最悪、嫌がらせ行為に勤しむ一部のプレイヤー御用達の職業になるのでは何てことまで心配してしまう(苦笑)

遊び人追加による運営とプレイヤーによる温度差

ドラクエシリーズにおいてはお馴染みの職業であるかもしれない。だが、ドラクエ10の現状で求められいる職業は恐らくこれではないと思う。

少なくとも私が求めていたのは、これまでの戦闘難易度の負担を軽減してくれるいぶし銀な存在や、実装直後の占い師のようなストレートに強さを実感できるものである。

そう求めるのも、ここ最近のドラクエ10は成長要素をあまりに緩やかに設定してしまい、RPGの醍醐味が薄れている気がしたからだ。

そんな中で、多少とぶっ壊れ性能でもカンフル剤になるような新職業を期待しているのだ。

しかし、今回追加される遊び人は遊びが過ぎて、悪ふざけにしかみえないポンコツを想像してしまう。

こうも遊び人に手厳しくなるのも、ここ最近におけるドラクエ10の戦闘バランスが偏り気味になっている背景がある。

そのおかげで、手順一つミスが許されない。最適解のパーティーでしか歓迎されないというギスギスムードが蔓延。

そんな状況を運営が知ってか知らずか、味方(自身)に不利を働く効果を忍ばせたランダム特技をもつ遊び人が喜ばれるはずがない。

オンゲーという事で、プレイヤー同士で戦うことができるドラクエ10。しかし現状、ちょっとした遊びも許されない雰囲気だ。

勿論、随分前に実装されたコインボスなどでは何の問題もなく遊べるだろう。

しかし、最新の職業に期待するものはエンドコンテンツを含んだ場面での活躍のはずだ。

それがバッドラックまで含まれている運任せ職業では、ガチプレイヤーのみならず新規プレイヤーからもそっぽを向かれそうだ。

前述でも懸念した、悪質行為専用の職業にだけはならない事を強く願う。

-ドラクエ10, 趣味

Copyright© 今日もよろしく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.