気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

インスタント食品 購入レビュー

日清 シーフードヌードルぶっこみ飯をレビュー!

投稿日:

誰もが一度はやったことがあるぶっこみ飯!

日清よりシーフードヌードル味の即席カップライスが発売。

シーフードヌードルはスープ自体が十分に美味しいので、ユーザーなら誰しも一度はやったことがある食べ方でもある。

この商品はいわゆる締めの部分を特化させたという点が特徴で、冷や飯などを用意する必要はない。

ただ、麺は一切入っていないので、それはそれでちょっと寂しい気もして、欲張りなおっさんとしては痛し痒しな点もある(苦笑)

「シーフードヌードル」を食べた後のスープにご飯をぶっこんだ「あの味」を再現しました。「シーフードヌードル」のスープをベースにフライ麺の香ばしい風味を加えた、お湯かけ5分でできる禁断の味です。

作り方はシーフードヌードルと一緒!

蓋を開けるといつもとは違うお米がぎっしりと入っている。

やはり最初は違和感が強く、どんな仕上がりになるのか想像できない。

ただ、麺からお米にかわっても作り方は同じで、熱湯を注ぎ入れた後は蓋をして5分待てばいいだけである。

5分後の写真がこちら。

普通にシーフードヌードルを食べた後にご飯を入れて作るものとは、やはり見栄えが違う。

シーフードヌードル味のぶっこみ飯の評価は?

まず、当然だがスープの味はシーフードヌードルそのものである。

具材も麺を食べ終えた時にはほとんど残っていない状態と比べれば華やかといえる。

しかし、肝心のお米については、家で冷や飯を入れて食べるのとは全く違う。

写真でも伝わるかと思うが、とにかくお米が小さい。そして食感もなにか妙に歯応えを感じさせ、それが美味しいとは真逆の気持ちを抱かせるものとなっている。

アメリカ産のお米を食べたことがないので、元々がこういうお米なのかは判断がつかないが、普通に自分で冷や飯を入れた方が遥かに美味しいことだけは分かった。

具材の点でも欲しければスーパーなどで売っているラーメン用のトッピングを入れれば解決できる。

もちろん、この商品がそうした手間を省き、お湯を入れるだけで食べられるコンセプトというの承知している。

しかし、肝心のお米があまりにお粗末すぎて、折角のシーフードスープが活かされていない。

何より、一通り麺を食べた後に各自お好みの量のご飯を入れて締めを楽しむ、このステップがいかに大切なのかを改めて知ることになった。

ぶっこみ飯自体の否定はしないが、個人的には普通のシーフードヌードルで好きなように楽しむ方が合っていると分かった。

-インスタント食品, 購入レビュー

Copyright© 今日もよろしく , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.