気になるニュースや趣味、アイテムなどを中心に発信中

今日もよろしく

PS4 趣味

バトルチェイサーズナイトウォー クリア後の感想【海外コミックを原作にしたダンジョンRPG】

投稿日:

『Battle Chasers: Nightwar』は、コンソールゲームの傑作と90年代にカルト的人気を誇ったコミックブックにオマージュを捧げたRPGです。クラシックなJRPGスタイルのターン制バトル、奥深いダンジョン探索、冒険を続ける中で語られる濃いストーリーを楽しめます。

独自のオーバーチャージマナシステムと驚異的なバトルバーストが楽しい正統派ターン性バトルです。

隠しダンジョン、レアボス、ランダムに登場する仲間や敵が散りばめられた世界を探検しましょう。

アクションを重視したランダムに登場するトラップ、パズル、謎が満載のダンジョン。ヒーロー独自のダンジョンスキルをうまく使って生き延びましょう。

人気コミックシリーズ『Battle Chasers』に登場する6人のヒーローから3人選んでパーティーを組みましょう。ヒーローごとに違ったアビリティ、パーク、アイテム、ダンジョンスキルがあります。

奥深いクラフトシステムを使いこなしましょう。材料詰め込みシステムを活かして最高のアイテムを作りましょう!

90年代後半に初めて発売されたコミックブック『Battle Chasers』は、すぐにベストセラーとなり熱狂的なファンを生み出しました。

クラシカルな雰囲気も味となるダンジョンRPG

取り合えず1週目をクリアしたので感想を述べていきたいと思う。

まず、本作は古き良き時代のJRPGを踏襲した作りがベースに置かれており、そこに海外コミックの原作が物語の下敷きとして展開される。正直、ストーリーに関しては、冒頭から予備知識のない人間は訳が分からないまま進んでいく。それが最後まで続いていくので日本産の作品に比べると感情移入という点では難しかった。

ただ、難解な物語性ではなく、悪として描かれるものと対峙し倒していくという分かりやすい展開なので物語の背景やキャラクターたちの関係性をそれほど気にせずともプレイすることが出来た。

何より、本作は物語性よりも、ダンジョン探索、素材集め、アイテムの選別などに重きを置いたRPGで、それが好きな人には堪らないスルメゲーとなっている。私も当初は全く知らない海外コミックの作品ということで、どこか一歩引いた感じでプレイしていたのだが、ダンジョンに潜り、一筋縄ではいかない強敵との戦闘や、回収したアイテムの中にレアな物を発見した時の喜びなどが重なっていくにつれ、前のめりで遊んでいた。

本作のレトロ感を漂わせる雰囲気が、人によってはただただ古臭いRPGというネガティブな印象を持たせるかもしれないが、キャラクターの戦闘モーションの滑らかさ。雑魚戦まで気の抜けない戦闘バランス。ダンジョン探索モードにおいてのアクション要素とそれに応じた各キャラのスキル構成などなど、かなり作りこまれている印象を持った。

無論、全てにおいて完ぺきという訳ではない。キャラクターの移動速度が緩慢すぎるのはプレイ全体のテンポ悪くしているし、パーティー編成を組むためには特定の場所しか行えないのも不便。戦闘に参加していないキャラには一切経験値が入らない。などなど、人によっては致命的となるかもしれない不満点もある。

それでも最後までプレイ出来たのは、不満点を凌駕する面白さがあったからである。万人受けする作品ではないかもしれないが、アクション要素をうまく取り入れたダンジョンRPGとしての完成度は確かな作品ともいえる。

よかった点と気になった点

・キャラクターの戦闘モーションが秀逸

・ランダムダンジョンとハクスラ要素が噛み合い、人によってはスルメゲーとなる

・戦闘に歯応えがあり、最後まで緊張感を保って楽しめる

・クリア後に一部引き継ぎが行われ、新たな難易度開放など追加要素が含まれた状態でニューゲームを楽しむことが出来る

・全体的なテンポがやや遅い(移動速度、戦闘シーンなどなど)

・ロードに入る場面がそこそこあり、それが積み重なると多少のストレスとなる可能性がある

・パーティー編成を行える場所が限定的で少し不便に感じた

黙々とダンジョンに潜ることが好きなプレイヤーにおススメの1本

クリアまで遊んだ感想としては、佳作以上の出来と思う。ただ、RPGということで、物語を楽しみたい人は原作の知識がないと存分には楽しめないかもしれない。また本作自体が、新たな敵と展開を匂わせながら幕を閉じる作りとなっているので、ストーリーを重視する人にはどうしても消化不良な印象を与える可能性が高い。

それでも、最後まで楽しくプレイ出来たのは、ダンジョン型RPGとしての部分が手堅く作られていたことに尽きる。決して派手さはないが、そもそもこのジャンルには過度な演出は求めることは少ないと考えられ、その分、コツコツと気に入ったキャラクターを強化していく点に喜びを見い出すプレイスタイルの方が多いと思われる。

そうしたジャンルが好きな人であれば、個人的評価とはなるが、本作は及第点と言える内容と思うので、おススメの1本としておきたい。

-PS4, 趣味

Copyright© 今日もよろしく , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.